サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【経験者/初心...

【経験者/初心者向け】弦のお話 #5 「アコギ弦の材質」

ギター講師のHiro Nakamuraです。
弦のお話 #1で弦の太さには4段階のレベルがあり、弾きやすさの一部を担っているというお話をしました。今回は、太さではなく弦の素材についてです。実は弦は音色の一端も担っています。少しマニアックな話なので噛み砕いてお伝えできればと思います。

弦の素材は大きく分けて2種類
ほぼ全ての弦メーカーで80/20ブロンズ (単に”ブロンズ"とも呼びます)とフォスファーブロンズ (“フォスファー”と略したりします)の2種類の弦が存在します。ないのはYAMAHAぐらい…かな?端的に言えば、80/20ブロンズは無骨でアコースティックな音色。フォスファーブロンズ はややキラキラとした明るい音色です。

弦の種類で音色が変わる!
弦は弾きやすさだけでなく、80/20ブロンズフォスファーブロンズのどちらを選ぶかによって音色まで変わります。また、メーカーごとに弦の音のキャラクターも異なるので意外と奥が深いです。

どっちが良いの?
これはもう、好き嫌いですね。優劣はありません。両方張ってみて好きな音を選べば良いと思います。参考までに、新品のギターに工場出荷時から装備されているのはフォスファーブロンズである割合が比較的多いです。また、僕の勝手な線引きではありますが、弾き語りや伴奏メインの人は80/20ブロンズを好み、ギターの音色を聴かせる演奏ならフォスファーブロンズを好む…みたいな風潮がほんの少しだけあるような気がします。

具体的な違いは?
ブロンズ (つまり)の純度の高さです。80%ブロンズ、20%錫 (すず)なのが80/20ブロンズ。見た目はゴールド、さりげなくキンキラキンです。一方でフォスファーブロンズは90%以上がブロンズなので、非常に純度が高いです。残りの数%はリン (フォスファー)が入っています。見た目はやや褐色で赤味が入っています。

実は他にもある弦の素材...
話題になっていた素材を一部をご紹介。
ニッケルブロンズ by D’addario (ダダリオ) もしくはモネル by Martin (マーチン)
 ニッケルとブロンズを混ぜた弦 (モネルには鉄や硫黄も入っている)。見た目はシルバー。この弦は結構ギター選ぶと思います。個人的にはビンテージギターとの相性が良いと思っています。
アルミナムブロンズ by Ernie Ball (アーニー・ボール)
 その名の通り、アルミとブロンズ。見た目はゴールド。音は低音から高音までドカンと大音量で鳴るので初めて使った時は感動しました。これは演奏スタイル問わず何でも合うと思います。
チタニウムコア by Martin
 お値段なんと1セット4,500円 (税抜)…!芯線 (コア)にチタンを使用し、巻線 (ワウンド)には高純度ニッケル。そして1〜2弦にはクライオ処理 (液化窒素などで-196℃まで冷却することにより金属を分子レベルで強化する処理)を施したステンレスを使用。消耗品である弦に、そこまでする必要はあるのか!?と思ってしまいますが、使った方の意見を聞くと「めっちゃ良い!!」との事でした (漠然)。僕はまだ使った事がありません。

オススメは?
僕は古くからのD’addario党なので、やっぱりD'addarioですね。でもレコーディングの際にはフランスの老舗弦ブランドSAVAREZ (サバレス)を使う事があります。クラシックギター弦では有名な会社ですが、実はアコギ弦も作っていて、とにかく唯一無二の美しい音色なのです。


Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年7月18日(水) 12:26)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 誰しも自分の体には大なり小なりコンプレックスがあるものです。特に日本人はアレが小さいと言われていますね。僕も決して大きい方ではありません。しかしながらもって生まれたもの。一生付き合っていかなければならないのです。 そうです、"手"の話です。...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日は上達する人、しない人のお話です。 ◆<u>こんな人は上達しやすい</u>◆ <font color=red>我流にとらわれない人</font>です。もちろん上達を目的としていない生徒さんもいるので、全員が必ず上手くなる必要はありませ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 久しぶりの投稿になってしまいましたが、サボッていたワケではありません (汗) 8月はお盆があるにも関わらず、ほぼ休み無しで頑張っております。 下書きですが記事もたくさん書き溜めておりますのでどこかの機会で放出したいと思っています。引き続きよろ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 <a href=https://cyta.jp/aguitar/b/81914>弦のお話 #1</a>で弦の太さには4段階のレベルがあり、弾きやすさの一部を担っているというお話をしました。今回は、太さではなく弦の素材についてです。実は弦は音色の一...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 とてもよく聞かれる質問なのでお答えします。 ◆<u>アコースティックギターにも使えるナイロン弦があると聞きました</u>◆ D’addario (ダダリオ)社から出ているFolk Nylon (型番EJ32やEJ33など)というナイロン弦...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ