サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【初心者向け】...

【初心者向け】Fを押さえる

ギター講師のHiro Nakamuraです。
多くの初心者を苦しめるFというコードの壁。今回はその攻略に迫ります。

コツは千差万別!
手は人間の体の中で最も個人差の多い部位の一つです。押さえ方のコツをネットで調べると何通りも出てくるのはその為です。これさえすれば絶対攻略できるというものは恐らくないでしょう。
今回の記事では手の形に関係なく、直接レッスンを受けられない方にもできる攻略法の1つをご紹介します。

①力任せに押さえない
添付画像をご覧下さい。力任せに握っている方は、赤い矢印青い矢印の両方から力が入っている事になります。青い矢印 (親指)の力が強く入ると、赤い矢印の力は入りにくくなります。反対方法ですから、力が逃げているんです。なので、赤い矢印に力を注ぐには、手だけで握るのではなく、"ヒジや肩ごと引く”というイメージがとても大切です。もちろん、音が出ているなら力任せでも構いません。ですが、手に疲労が溜まりやすくなる恐れがある点をお忘れなく。

②”点”ではなく”面"で
弦を押さえている指の1本1本に力を加えると指先が痛くなってしまいます。これが"点"で押さえる考え方です。
一方、"面"というのは、指で押さえる力ではなく、手そのものを手前に引く事によって均等に力をかける考え方です。これも上記①と同様に、結果としてヒジや肩を引く事になります。そうする事で赤い矢印を強くでき、指先の負担も減るんです。

③ギターを疑う
そもそもギターのコンディションが良くなくて、弦が押さえにくくなっている場合も考えられます。いや自分のギターに限って…とお思いになる心情も察しますが、念には念をという事もあるので…。

ことわっておきますが、今回書いたのはあくまでいくつかあるコツの1つにすぎません。もちろん”力一杯握れ"と指導する先生が間違っているワケでもありません。レッスンでは生徒さんの手の形や指の長さに応じてピンポイントでのアドバイスを行なっておりますが、Fでつまづいている皆さんに、この記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。


Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

【初心者向け】Fを押さえる

(2018年7月12日(木) 17:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

耳コピで楽譜を作成する音感の持ち主。ピックの握り方から丁寧にレクチャー

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ギターは弾けば弾いた分、上達が約束されている楽器だと思います。もちろん個人差はあると思いますが、とにかく弾いたもん勝ちなところが強いです。 今回の記事では、何かにつまずいた時のヒントについて書いてみることにします。 ◆<u>インプットとア...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターより...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思ってい...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ