サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 初心者歓迎 ハマるアコギ講座  スクールブログ 【脱、初心者!...

【脱、初心者!?】1つのコードで2つの押さえ方がわかったらデキるヤツ!

こんにちは!

「ハマるアコギ講座」

「G」コードが好きな、コーチの安部です。


ついに自分の好きなコードをあいさつに組み込んでしまいました。

これは、いよいよかもしれません(笑)


さてさて今回は、

「1つのコードで2つの押さえ方がわかったらデキルヤツ!」

という、なんともフワッとしたタイトルにしてみました。


多少ふざけてはいますが、中身はちょっとマジだったりして。

最初は基本的なコードの押さえ方をしっかり覚えるのが良いのですが、
慣れてきたらぜひとも理解しておきたいことです◎

---

コードの話になると、とたんに見づらくなってきてしまう当ブログ。
なんとか読み進めてもらえる様に頑張ります!


今あなたが練習しているコードは、どんなコードでしょうか?


つい最近アコギを始めたような人だと、
「C」や「G」あたりのコードを弾いている感じでしょうかね!


そのコードの押さえ方、引き続きぜひとも練習を続けていただきたいと思います。
今後たっくさん使うことになりますから★


そんな風に思う傍ら、アコギを始めて間もない人だからこそ考えてもらいたいと思うこともあります。

それが、
「コードの別の押さえ方」です。

正直アコギに慣れていくための方法としての優先順位は低い方なのですが、
「コードの別の押さえ方」を知っているとちょっといいことがあります。

【アコギ歴は浅いけど、デキるヤツ!】
と思ってもらえる可能性が高まります!!


特に、同じくらいの時期にアコギを始めた人や
あまりアコギを知らない人には効果が高いと思われます◎

相手がギターに慣れている人だったら、
さらに別の押さえ方も教えてくれるかもしれません!!


というくらい、コミュニケーションのきっかけにすることもできます。


実際の演奏で活きてくる場面としては、
前後のコードの流れ的に「押さえやすい方を選べる」という選択肢を持てること。

あるいは、「響きが好きな方を選べる」ということ。

アコギの性質上、押さえ方を変えると音の鳴り方に影響が出ます。
「響き」と呼んだりするのですが、それに対してパターンを2つ持つことが出来ます。


曲の雰囲気に合わせて変えてみたり、
AメロやBメロなどのブロックで少し変化をもたらしたりとか。

同じコードでも、押さえ方を変えるだけで響きが変わります。
それは「印象を変える」ということにも繋がりますので、
表現の幅が広がるということにもなりますね!


何度も書いてきている「コードの別の押さえ方」というものは、いったいなんなのか。

簡単に言うと、
コードを押さえる「形」が違う、ということです。

コード表を少し眺めてみてもらえれば分かると思いますが、
同じ「C」というコードでもいくつか押さえ方が紹介されていると思います。

5弦の3フレットを薬指で、
4弦の2フレットを中指で、
2弦の1フレットを人差し指で押さえる形。

多くの場合これが最初に記されているかと思います。


そこに加えて、

1弦の3フレットを小指で押さえる。


これも同じ「C」というコードです。
(高い方の「ソ」の音を加えていることになります)


あるいは、弦を押さえるポジションを少し高くして「セーハ」で押さえる形。
(バレーコードとも言われますね)

5〜1弦を人差し指を寝かせて押さえ、
4弦の5フレットを中指で押さえ、
3弦の5フレットを薬指で押さえ、
2弦の5フレットを小指で押さえる。

これも同じ「C」というコードです。
(鳴っている音は、結局 ド ミ ソ )


パッと思い付くだけでもこのような押さえ方があります。


この辺を知っていると、

一気に初心者っぽくなくなります!

と、僕は感じます◎
僕はしばらく別の押さえ方を知らなかったので、
知っている人から教えてもらったりした時になかなかの衝撃でした。


理屈なんてのは後からで良いのです。

その押さえ方でコードを鳴らせば、だいたい伝わるのですから◎


そういう意味でも、
1つのコードで2つ(以上)の押さえ方を知っているということは
大きなメリットであると考えています!

結構パターンみたいなものがありますから、
一つ覚えておくと応用できることもありますので
好きなコードがある場合はチェックしてみてください!

---

いかがでしたでしょうか?

「1つのコードで2つの押さえ方がわかったらデキるヤツ!」

というタイトルの意味が少しは伝わっていると嬉しいです!


過去の記事で「Fの壁」がどうのこうのという内容の時も書かせてもらいましたが、
押さえ方をちょっと変えるだけで音も弾きやすさもかなり変わることがあります。

自分の好みの音(響き)や、押さえやすい形を見つけていくのも
上達の秘訣の一つだと思います◎


先ほど紹介した「C」の押さえ方。

1弦の3フレットを小指で押さえるって方の押さえ方です。

この押さえ方はけっこうオススメです!

同じ「C」というコードでも、

【キラキラ感がスゴい!!】

と思います◎


ゆずの「夏色」のイントロも、この押さえ方がベースにあるはずです。

あの爽やかでキラキラした感じをイメージしてもらえると、分かりやすいかと思います!
ぜひ、お試し下さい!!

※夏色を原曲通りに弾くには、カポタストを3フレットにつけて、キラキラの方の「C」を押さえてね!



今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

コード表に乗っているコードの押さえ方が基本なのでそれは大切。
しかしながら、それと並行してより実践的な押さえ方も参考にしていくことが
楽しみながらできる上達法だと思います◎

その辺りの理屈やポイントが理解できていくと、
ある時「音楽理論」っぽいことと繋がったりして一気に感覚が開ける可能性もありますよ!


僕は専門学校で音楽理論を学んだとき、
心底「ギター(楽器)をやっていてよかったなぁ!」と思いました。

説明される内容をギターのフレットやコードなどでイメージできたからです。


そこまで絡める必要はありませんが、
考え方のとっかかりになることが一つでも多く知識としてあると少し有利になる場合もありそうですよ!


それでは、また!

 

(2018年7月12日(木) 0:51)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 先日の三連休から昨日まで、なんだかんだ忙しくてブログが書けていませんでした。。。 改めて、コツコツ書いていこうと思います! さて今回は。 「家でのギター練習は音量を抑えてやりたい!」 「夜、ギ...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 今回は「吉田拓郎のニューアルバム【From T】」について書きます! ★「<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/s/wakuwakuhikigatari/">楽しく続けるギタ...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 「G」コードが好きな、コーチの安部です。 ついに自分の好きなコードをあいさつに組み込んでしまいました。 これは、いよいよかもしれません(笑) さてさて今回は、 「1つのコードで2つの押さえ方がわかったらデキルヤツ!...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! 前回、前々回は具体的なコードの押さえ方を書きました◎ 「F(の壁)」であったり、 「Em7 A9」であったり。 かなりリアルな部分をお伝えしたという気持ちですが、 コードを弾くにあたって大事なこと...

アコギ、弾いてる?? 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です!こんにちは!! ちょっと馴れ馴れしくも、問いかけから始まってしまった今回のブログ。 近所の飲み屋さんののれんをくぐってガラガラと引き戸を開けながら言う感じでしたね(笑) 「やってる?」 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ