サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【経験者向け】...

【経験者向け】弦のお話し #1「アコギ弦と弾きやすさについて」

ギター講師のHiro Nakamuraです。
アコースティックギター用の弦についてのお話。今回は、"弦と弾きやすさ"についていくつかお話します。

弾きやすさは変えられる?
弦だけが弾きやすさの全てを決定しているワケではありませんが、弦を変える事は最もリスクの少ない調節方法です。1点だけ、弾きやすさと音色は反比例するという事をお忘れなく。弾きやすさを求めれば求めるほど、音色は悪くなる傾向があります。逆に弾きにくいけど音は良いというケースもあります。もちろんギターの構造上の理屈がそうなっているだけで、全てのギターが同じように反比例するワケではありません。

弾きやすい弦とは?
弦の太さ (張りの強さ、張力)のレベルをゲージと呼びます。このゲージには4段階あり、多くの弦メーカーでは4段階のバリエーションが存在し、おおよその太さも各メーカーで共有されています (例外もありますが少数です)。好みで張力の弱い弦に変えてみても良いでしょう。その4段階にはそれぞれこんな名前が付いています。

ミディアムゲージ (.013-.056)→最も太いゲージなのに、名前は"ミディアム"。
ライトゲージ (.012-.053)→新品ギターの購入時に張ってあるのは大抵ライトゲージです。
カスタムライトゲージ (.011-.052)→ライトゲージが弾きにくいとおっしゃる生徒さんに最初に勧めるのがコレです。
エクストラライトゲージ (.010-.047)→最も細いゲージです。切れやすいという難点はあるもののこれなら痛みも少ないです。
コンパウンド弦 (.011-.047)→巻線の芯にスチールではなくシルクを使っており、おそらく最も弾きやすい弦だと思います。メーカーにより太さは様々です。

ゲージ名の横に書いてある数字は1弦-6弦それぞれの太さ (インチ)です。またこれらをゲージ名ではなく、数字で呼ぶ人もいます。イチニーゴーサン (ライトゲージ)とか、イチゼロヨンナナ (エクストラライトゲージ)とか…。自分にとってどれが合うか、実際に使ってみて探すのが最も良い方法だと思います。
僕の知る限りでは、お店にあるギターは特別な理由がない限りライトゲージを使っているはずです。アメリカの老舗ブランドMartin (マーチン)社のDシリーズにはミディアムゲージ、大手エレアコメーカーTaylor (テイラー)社では多くのモデルにHDライトゲージ (.013-.053)という独自の太さを採用しているなどの例外はありますが、いずれにしても今の弦が弾きにくければカスタムライト以下の細いゲージ変えてあげると良いでしょう。

絶滅危惧種ミディアムゲージユーザー
完全に余談ですが、なぜ一番太いゲージの名前が"ミディアム"なのかについては、以前はそれを上回る"ヘビーゲージ (.014-.059)"というのが流通していたからです。長渕 剛さんや、そのファンのギター愛好家の方々の間では特に人気があったようです。現在も一部のメーカーでは作っているみたいですが、お店に並ぶことはほとんどなくなりました。僕もアコギには最も太いミディアムゲージを使う事が多いです。

Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年7月11日(水) 17:00)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターより...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思ってい...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕はソロギターが下地にあるのでライブでは爪でギターを弾きますが、ピックに関しては少し収集癖があり、様々なものを使ってきました。ただのプラスチックのヘラにすぎないのに、どうしてこんなに奥が深いのか?といつも考えさせられます。この1枚を作るのに色々な...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ