サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 初心者歓迎 ハマるアコギ講座  スクールブログ 【初心者向け】...

【初心者向け】コードチェンジのコツは「準備」にアリ!?

こんにちは!

「ハマるアコギ講座」

コーチの安部です!


前回、前々回は具体的なコードの押さえ方を書きました◎

「F(の壁)」であったり、
「Em7 A9」であったり。


かなりリアルな部分をお伝えしたという気持ちですが、
コードを弾くにあたって大事なことについては、
ちょっと語り足りてない気がしました。。

なので今回は、

コードチェンジのコツは「準備」にアリ!?

というタイトルで進めていこうと思います◎


コードチェンジ、
あなたもちょっと苦戦していませんか?

これを読めば、きっと今までよりもスムーズなコードチェンジができるきっかけになるはず!


ポイントは【準備】です!

何事も準備が大切◎


それでは、参りましょう!

---

コードを弾く時は、

・しっかり弦を押さえる
・弾くべき弦を弾く

という2つの動作が必要ですよね?


この「しっかり弦を押さえる」という所に、
けっこうな労力を費やしがちかと思っています。

まずはそこでしっかり押さえないと、
綺麗な音は鳴ってくれませんからね。


弦をしっかり押さえようというその真面目で素直な気持ち。
とても素晴らしいです!!


素晴らしいのですが、
今回はほんのちょっとだけその気持ちを緩めていただくことになりそうです。


しっかり押さえることは押さえますが、
しっかり押さえる為の「前段階からの準備」をしてみてほしいのです!


【次のコードを押さえる前から、左手の準備をしておく】

ということなのですが、まだわかりづらいですよね。文字だけなので。。。

しかもたぶん、
「そんなことは始めっからそのつもりでやってるよ!」
という人も多くおられるかと思います。

そうですよね、おっしゃる通りです。


でも、だからこそ更にそこを思い切ってやっちゃってほしいと思います!


少し楽譜的に言うと、

【次に押さえるコードの半拍前(4拍目のウラ)くらいから、左手は次のコードを押さえる形で弦に触れておく】

ということです。


ますますわかりづらいかもしれませんね。。。


出来る限り、表現してみますね!


=====

★ルール★

・数字は拍数 (ワン ツー スリー フォー ってやつです)
・英語はコード
・ジャンジャカジャカジャカはストロークのこと
・上下の矢印は「ストロークの向き(ダウンストローク=↓ アップストローク=↑)」

~~~

Em7            (A9)
1   2   3  4  ◯ ←ココ!!!!
ジャン ジャカ ジャカ ジャカ

~~~

【◯】のマークの部分が、
いわゆる「4拍目のウラ」にあたります。

ココでもうコードチェンジの動きをしちゃいましょう!

「4拍目のウラ」のコードの音はほぼ鳴らなくてOKです!!

その代わり、
次の小節のアタマ(1拍目)でしっかりと「A9」を鳴らしましょう!!

=====


と、こういうことです。



いや、これわっかりづらいなぁ(笑)

会って実際にやって見せてあげるのが一番早いです!


でも、
文字で表すとだいたいこんな感じです。


ポイントは4つ。

===

①4拍目のウラでコードチェンジの動きをしておく

②4拍目のウラでは音が鳴らなくても良い(可能ならブラッシングができるとさらに素敵)

③次の小節のアタマ(1拍目)でしっかりとを鳴らす

④リズム(ストローク)はキープして止まらない様に

===


結構「④」が大切だったりします。

コードの音が鳴っていないことよりも、
【今まで流れていたリズムが止まってしまうこと】の方が、
聴いている人にとっては「音楽が止まってしまった」という印象がつきやすいです。

これは音楽の中でもけっこうなあるあるだと思っていて、
土台となる「リズム」が安定していれば多くのことをカバーできますが、
その土台が崩れてしまうとどれだけ美しい音も耳に入ってこなかったりします。

それくらい、
「リズムは目立つ」ということ。

聴いている人にとって、かなり認知されるポイントと言っても良いでしょう。


だからこそ、
ストロークの動きはそのままで
ちょっと早めのコードチェンジの準備をしておくのが良いのです!


弦をしっかり押さえようというその真面目で素直な気持ちがあればあるほど、
コードチェンジのギリギリまで今弾いているコードを押さえてくれることが多いのですが、
次に弾くべきコードの為に早めに切り替えてあげてみてください★

そうすることで、
コードチェンジに使える時間(間)が少し増えて
結果的にスムーズな演奏に繋がるはずです◎
(もちろん、慣れてきたら出来る限りギリギリまでコードチェンジしなくてもOKです!)


僕は今でも、けっこうな間を持ってコードチェンジすることがあります!

ブラッシングやスライドみたいな技術をちょっと利用して、
コードのつなぎ目(コードチェンジ)をほんの少し濁したりしています。


「ブラッシング」や「スライド」という弾き方については、
追い追い説明していこうと思いますが、
非常にカッコ良くて【ギターならではの弾き方】ですので、
ぜひともゆっくり習得していただきたい技術の一つです!

---

いかがでしたでしょうか?

なかなか上手く伝えられないことが歯がゆいのですが、
やっていただきたいことは書き表したつもりです。


ぜひともこの記事を読みながら、
あるいはお手持ちの教則本なんかも見ながら試していただきたいです!


【コードチェンジのコツは「準備」にアリ!?】

「準備」とは、

4拍目のウラくらいから左手は次のコードを押さえる形で弦に触れておく、

ということ。


楽譜にはこういったことはわざわざ書かれませんので、
実際に演奏している人に聞いてみるとわかることになるかと思います。
(コツとして、教則本の片隅に書いてあることくらいはあるかもしれません。)


あとは、
ギターを演奏している人の映像で、
左手や右手に注目するのもいいかもしれません!


どの弦をどんな風に押さえて、
どのタイミングでどんな動きをしているのか。

かなり参考にできる情報が詰まっているはずです。

音を聴くだけではわからない部分もたくさんありますから、
そこは目を使っていきましょう!


今回も、少々読みづらい部分を含めて最後まで読んでいただきありがとうございます!


今回ご紹介した方法も、コードチェンジが早過ぎると自分でも違和感があると思います。

しかし、
そう感じるくらい思い切ってやってみることが大切で、
どこまでやったら違和感が多いのか。
ここまでだったら違和感が少ないか。

というバランスを自分で体感することが、
スムーズなコードチェンジの「間」を感じ取る方法の一つだと思います!


そうやって何度も試していくうちに、
左手もコードチェンジに慣れてきて自然と流れるようなコードチェンジができるようになります◎


レッスンではそういった細かな部分もアドバイスできることが多くありますので、
何か気になることや困っていることがあればお気軽にご相談してくださいね!


少しでも、
この記事を読む前よりもスムーズなコードチェンジができるようになることを願っています!


それでは、また!!

 

(2018年7月10日(火) 21:18)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ギターを始めるとたくさんのことに気が付きますよね。 ・コードの押さえ方 ・ギターの音が鳴る仕組み ・ギターの種類 などなど。 この中でも「ギターの音が鳴る仕組み」というのが、なかなかクセモノにな...

こんにちは。 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 「アコギを始めようかな?」 と思ったあなた。 とても素敵です! きっとアコギを始めようと思ったあなたには何か「目標」があるかと思います◎ その目標の1つに、 【弾き語り】 もあ...

こんにちは。 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 「練習」というとやっぱりなんだかしんどく思いがちですよね? だけれども「練習」はやっぱり必要なもの。 特にギターを弾くことに慣れていく段階だとその必要性はさらに高いと思います! (上級者の方でもめち...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 前回のブログでは「ぼくの好きなコード進行」のお話をさせてもらいましたね...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> お久しぶりの更新となってしまいました。。 お久しぶりということもあっ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ