サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 初心者歓迎 ハマるアコギ講座  スクールブログ 【初心者でもO...

【初心者でもOK】指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード



アコギ、弾いてる??

「ハマるアコギ講座」

コーチの安部です!こんにちは!!


ちょっと馴れ馴れしくも、問いかけから始まってしまった今回のブログ。

近所の飲み屋さんののれんをくぐってガラガラと引き戸を開けながら言う感じでしたね(笑)

「やってる?」

みたいな!


今回の記事も、「ギターコード」にまつわる内容となります!

前回は「Fの壁」の向こう側を見るべく書かせてもらった2つのアイデアの話でした。
僕が並行してやっている「楽しく続けるギター弾き語り教室」のブログでも紹介した話です。


それを書いていて思ったのが、
「やっぱりコードって面白い!!」
ということ。

コード単体で見てみても面白いですし、
2つ以上並んだら「コード進行」になって一気に世界観が見えてきて楽しい!

という、
ちょっとヘンテコかもしれない感覚が僕にはあるようです(笑)

そんなことを思いながら今回の記事を書いてみました。


とは言いつつも、
僕のスクールページから「楽しく続けるギター弾き語り教室」を覗いてもらえればわかるかと思いますが、
ここから先の内容は実はそちらにも掲載しております(爆)
(別のことを書くべきだとも、思っておりますよ。。。)


でも、
アコギを弾いている人にとってもぜひ試していただきたいと思いましたので
こちらでもご紹介させていただこうと思いました!!

元々アコギを弾くことから始まって、
弾き語りをするようになって、
という段階を経てきている僕ですのでどちらも好きなのです♪

アコギだけを弾く時も、
弾き語りをする上でも役に立つことは共通点も多いので、
ぜひともシェアしていきたいと思います!


何はともあれ、
今回ご紹介する2つのコードは「かなり簡単」かつ「ちょっと雰囲気アリ目」のコードなので、
是非ともお手元のギター(ピアノでもいいです!)で弾いてみてください!!

↓ここから本編です☆↓

=====

【初心者必見】指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード

=====

というタイトルの通り、
かな〜り簡単だけど雰囲気のある2つのコードをご紹介します!
(人差し指か、中指一本で押さえれますよ!!!)

連続して弾くと、それだけでちょっぴり哀愁が出ちゃう。
そんな感じだと思います!

それでは、参りましょう◎

---

早速ですが、
その「指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード」はこちら↓↓

===

・Em7(イー マイナーセブンス)

・A9(エー ナインス)

===

楽譜(コード譜)でこのコードが出てきたら、
ガッツポーズをしていただいてもOKなくらい簡単に表現できます!!

キーが「D」だったり「G」だったりすると、
よく見かけるかもしれません♪


では、押さえ方を簡単に説明します!

★ココ、要注目です!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・Em7(イー マイナーセブンス)

①中指で5弦の2フレットを押さえます

②6弦〜1弦まで、全て鳴らします


以上!!!

比較的簡単。
いや、それどころかギターコードの押さえ方としては相当簡単なはず!

ちなみに、
今回は「中指で押さえる」と書いていますが、
人差し指でも問題ありません◎
(元となる「E」や「Em」というコードを押さえる時、5弦は中指で押さえるのが基本なので「中指」としています。)

弾いてみて、
いかがでしょうか?

多少音が混ざるというか濁る感じもあるかもしれませんが、
ダークなんだけどトゲトゲし過ぎず、
ぼんやりした暗さの音が出ていると思います。
(音の感じ方は、かなり個人的なものですのでお気になさらず)

マイナーコードに「7(セブンス)」が加わることによって、
角が取れるような印象です!

---

・A9(エー ナインス)

①中指で4弦の2フレットを押さえます

②5弦〜1弦まで、全て鳴らします(6弦は鳴っても良いですが、鳴らさない方がシャープな感じ◎)

以上!!!

比較的簡単。
いや、それどころかギターコードの押さえ方としては相当簡単なはず!

ちなみに、
今回は「中指で押さえる」と書いていますが、
人差し指でも問題ありません◎

↑↑ホントに先ほどの「Em7」とおんなじ(笑)

弾いてみていただくとわかるかもしれませんが、
先ほどの「Em7」よりも混ざりや濁りが強い感じがするコードです。

明るさと暗さすらも曖昧になっているような感じで、
相当ぼやけた感じがあるかと思います。
そのぼやけた感じが影っぽくなって、
ちょっとばかり不思議と言うかミステリアスな雰囲気を出していると思います!
(例によって音の感じ方は、かなり個人的なものですのでお気になさらず)


~~~

この「9(ナインス)」という数字が記されると、
通常のコードに『2つの音』が加わることになるからそう聴こえます。

ちょっとだけ説明すると、
「A」というコードは「ラ ド# ミ」という3つの音で構成されています。
これで、明るい響きの音が響きます。 

そこに「9(ナインス)」という数字が加わると、
「ソ」と「シ」が加わります。
※9(ナインス)がくっつくと、自然と「7(セブンス)」の音も加えるというのが普通のようです。

そうなると、
「A9」というコードは「ラ ド# ミ ソ シ」

5つの音が同時に鳴ったら、
3つの時よりも混ざりが強くなるので
そりゃあ複雑になりますよね。。。

~~~


なんだかんだ書きましたが、
今回ご紹介している押さえ方で鳴っている音は4つです。

「ラ ミ ソ シ (ミ)」 ※(ミ)はオクターブ上の音なのでミとして換算してます。

明るいコードなのか暗いコードなのかをはっきりさせてくれる音、
今回の「A」というコードなら「ド#」という音が鳴っていない分、
明暗の曖昧さがかなり出るのです。

そこがミソでもあるのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それぞれ弾いてみてもらった所で、
改めてやってみてもらいたいことがあります◎

すでに試してくれているかもしれませんが、
今紹介した2つのコードを「連続で」弾いてみてください。

弦の鳴らし方やテンポはテキトーでOKです!



Em7 ジャラ〜ン

A9  ジャラ〜ン



・・・いかがでしょうか?

どことなく展開があるというか、
この2つのコードだけでちょっとした世界観と進行がありそうな雰囲気を感じませんか?
(僕だけかも。。。)


あまりイメージがわかない場合は、
弦の弾き方を少し変えてみてはいかがでしょう!

Em7    A9
ジャンジャンジャンジャン

なんていう風にやるだけでもちょっとした変化を感じられるかもしれません。


もし今はよくわからなくても、
段々と僕の感じている何かに気が付く時がくると信じていますので大丈夫ですよ!!


きっといくつかの曲に挑戦していく中で、
この「Em7 A9」に近しいコード進行と出会うことになりますから、
その時にこのニュアンスが伝われば良いと思います♪


---

いかがでしたでしょうか?

【初心者必見】指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード

ということでご紹介した2つのコード。

・Em7(イー マイナーセブンス)
・A9(エー ナインス)


かな〜り簡単に押さえることができたでしょうか?

「C」や「G」などの指を3本使うギターコードから覚え始めた人からすれば、
かなりシンプルな押さえ方かつ、流れのあるコード進行だったのではないかと思います。


こんな風に、
ちょっと探せば押さえ方が比較的簡単なコードというものがあるのです★

あるいは、少し工夫するだけで簡単な押さえ方にできたり
ちょっと違った響きを出せることもあるのがギターコードです!

それが楽しくて、コードというものにハマった自分がいます!


今回ご紹介した「Em7 A9」はちょっとクセがあるかもしれませんが、
流れのあるコード進行でもあるので鼻歌なんかもしやすいかもしれません。
ジャンジャカジャンジャカ弾きながら、
♪フンフンフンフン フフンフ〜ン♪
なんて合わせて鼻歌をうたうだけで、
ちょっと曲っぽくなって楽しいコード進行です◎

「Em A7」というコード進行の兄弟みたいなものですので、
難しく考えずにコードの置き換えをしてみてもいいかもしれませんね!


今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます、

こういうコードの紹介を読んでもらって、
実際にスマホやパソコンの前でギターを弾いてもらえていたら、
それだけでだいぶ嬉しいなぁと思います!

楽譜で見る一連のコード進行も、
一部を切り取って弾いてみると別の感じ方があります。

コード進行には著作権がありませんから、
どんどん自分の作品に取り入れることもできますから良いですよね!!


「好きな曲の好きな部分のコード進行ってどうなっているんだろう?」

なんて考えて確認するだけでも、立派な勉強になると思います!


そういう話も、レッスンでできたら楽しいなと思います!


Em7  A9   D
  それでは、また!!

 

(2018年7月10日(火) 4:49)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

<center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180721115024p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180...

<center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180718223537p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 先日の三連休から昨日まで、なんだかんだ忙しくてブログが書けていませんでした。。。 改めて、コツコツ書いていこうと思います! さて今回は。 「家でのギター練習は音量を抑えてやりたい!」 「夜、ギ...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 今回は「吉田拓郎のニューアルバム【From T】」について書きます! ★「<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/s/wakuwakuhikigatari/">楽しく続けるギタ...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 「G」コードが好きな、コーチの安部です。 ついに自分の好きなコードをあいさつに組み込んでしまいました。 これは、いよいよかもしれません(笑) さてさて今回は、 「1つのコードで2つの押さえ方がわかったらデキルヤツ!...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ