サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【初心者向け】...

【初心者向け】「毎日弾くなら弦は緩めなくて良い。」はウソか?ホントか?

ギター講師のHiro Nakamuraです。
ギター (アコギ)を弾かない間 (仕事中や睡眠中など)はチューニングを緩めた方が良いのか?様々なものの見方があります。

チューニングを緩める方が良いの?
これについては意見が分かれるところで、僕個人は緩めた方が良いと思っているんですが、ギターの先生や製作家によっては”緩めない方がいい”と言います。実はこの議論、正解がないので、宇宙人はいる/いない論に似たところがあります。結局のところご自身で判断してください…ッて話なんですけど、それだとなんだか身も蓋もないのでもう少し詳しく書いてみます。

"緩めない方が良い派"の根拠とは一体?
別の記事でも書きましたが、ギターのネックには約60〜80kgの負荷がかかっています。放っとくと湿気や乾燥、温度変化などが手伝ってネックが徐々に反ってしまいます。ですから僕はギターにも休息を与えるつもりでヘッドの糸巻きを2〜3回 (1回転〜1回転半)ほど回しておくだけで良いと考えています。その途中弦が切れてしまう事もあるでしょうが、元々消耗品なので、あまり気にしない方が良いです。また緩めすぎも良くないと言われていますが、弦がビロビロになるまで糸巻きを調整する人もいます。
一方で”緩めない方が良い派”の根拠は、弦を緩める事でかえってギターの変形 (反り)をいっそう許してしまう事になるのではないか?と言う点なんです。つまりチューニングをした状態=ちょうど良い状態と見なしており、緩める事で逆に変な反り方をすると考えているのです。この部分に関しては僕も一理あると思っています。しかしアコースティックギターやクラシックギターの場合、チューニングをしたままで不具合が起きるのは何もネックだけではありません。確率的にはかなり低いとは言え、ギターの表面板 (トップ)の変形やそれに貼られているブレーシングの剥がれ、ブリッジの浮きなど、他にも考えられる要因はいくつもあるのですから、この点を”緩めない派”の皆さんはあまり考慮してないのではないかと思うのです。
どちらの意見にも正しい部分と間違っている部分がある上に、ギターには個体差があり、管理には個人差がある為、ベストな方法は断言できず正解がないが故に自分で判断しなければならないのです。

「毎日弾くなら弦は緩めなくて良い。」と聞いた事もありますが?
それがウソかホントかは正直分かりません。ただこの意見が一番意味不明です。我々は日々なんとなくそう言われている事をうっかり鵜呑みにしてしまう事があります。ですが、弾く”頻度”は果たしてギター本体への影響に関係あるのでしょうか…?もちろんこの意見を信じるのは個人の自由ですが、いくら意見の分かれる話題とは言っても、根拠もなくまことしやかに説明するのは講師としてあまりにも無責任な気がするので僕は退けています。


Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年7月8日(日) 2:05)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 <a href=https://cyta.jp/aguitar/b/81914>弦のお話 #1</a>で弦の太さには4段階のレベルがあり、弾きやすさの一部を担っているというお話をしました。今回は、太さではなく弦の素材についてです。実は弦は音色の一...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 とてもよく聞かれる質問なのでお答えします。 ◆<u>アコースティックギターにも使えるナイロン弦があると聞きました</u>◆ D’addario (ダダリオ)社から出ているFolk Nylon (型番EJ32やEJ33など)というナイロン弦...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回は切れやすい弦について。 ◆<u>アコースティックギターではどの弦が切れやすいか?</u>◆ 1弦と3弦です。もちろん他の弦が切れないワケではありません。しかし、もしあなたのギターが1、3弦よりも2、4、5、6弦の方がよく切れるなどの...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 大事なギターが盗難にあった場合の対処法について。 ◆<u>盗まれる前にできる事</u>◆ <font color=red>ご自身のギターのメーカー名、モデル名だけでなく、シリアル番号も必ずメモ</font>しておきましょう。そして<fon...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 多くの初心者を苦しめるFというコードの壁。今回はその攻略に迫ります。 ◆<u>コツは千差万別!</u>◆ <u>手は人間の体の中で最も個人差の多い部位の一つ</u>です。押さえ方のコツをネットで調べると何通りも出てくるのはその為です。これ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ