サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【初心者向け】...

【初心者向け】ギターを始めたいけど、アコースティックが良いの?エレキギターが良いの?

ギター講師のHiro Nakamuraです。
漠然と”ギターを弾きたい!”と思っている方に、どんなギターが自分に合っているかの判断材料にして頂ければと思います。特にクラシックギターが何をするための楽器なのか、あまり馴染みがないかもしれませんので詳しく書いてみます。

音楽仲間を増やして楽しみたい人向けの”エレキギター
エレキギターは、ギターだけでなくアンプ (スピーカー)にケーブル、エフェクターなど、揃えた方が良いアイテムが他の楽器に比べて結構多いです。そしてある程度弾けるようになれば今度はバンド仲間が必要です。好きなジャンル、好きなミュージシャンを仲間内でシェアし、有意義で贅沢な時間を過ごすことができます。近所のセッションバーに出向き、そこで初めて出会った人と音で会話するのも一興。

1人でも皆とでも気ままに楽しめる”アコースティックギター
歌の伴奏だけでなくメインもこなせて、様々なジャンルに順応するアコースティックギター (フォークギターとも呼ばれます)。楽器自体非常に軽いので持ち運びもしやすく移動はストレスになりません。コード (和音)を覚えて弾き語りのレパートリーを増やすもよし、歌うのに疲れたらソロギターに挑戦するのも良いでしょう。とにかく1本で色々な事ができ、技術的な難易度も飽きにくい楽器です。

お子様の音楽教育にはうってつけの”クラシックギター"
西洋古典楽曲や、主に器楽曲 (インスト)を演奏するための楽器です。上記のギターとは異なり弦がナイロンでできています。お子様と一緒にグループレッスンを希望される方にはクラシックギターがオススメです。小学生くらいですと鉄弦を押さえるのは痛いでしょうし、またクラシックギターは子供用の小さなモデルも多く出ているので始めやすくなっています。音感も育ちます。大きくなってから他の鉄弦のギターに持ち替えても、基礎が身に付いているのですぐに弾けるようになるでしょう。

基本的にはチャレンジしたい曲をキッカケにギターを始めれば大丈夫です。僕は小学生の頃、兄が実家に残したエレキギターを見様見真似で触っていましたが、徐々に楽しくなってきたのでお年玉で初心者用のYAMAHAアコースティックギターを買いました。その頃インディーズだったゆずの楽譜と一緒に。

Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年7月6日(金) 12:07)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターより...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思ってい...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕はソロギターが下地にあるのでライブでは爪でギターを弾きますが、ピックに関しては少し収集癖があり、様々なものを使ってきました。ただのプラスチックのヘラにすぎないのに、どうしてこんなに奥が深いのか?といつも考えさせられます。この1枚を作るのに色々な...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ