サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 アコースティックギター教室244 スクールブログ コードチェンジ...

コードチェンジの練習方法(^O^)

アコースティックギターを初めて1番厄介なのが、コードチェンジだと思います。

コード単発では、音が鳴るけどいざ一定のリズムに合わせて弾くと、あれれ?あれれ?ってなりますね。

コツとしては、コードチェンジのイメージをしてあげる事、動かさなくていい指は、動かさない、コードチェンジの時間を作ってあげる、まず押さえないといけない指を把握する!と、要素はたくさんあります。

1つ1つを説明するのは、ここではやめておきますが、闇雲に弾いているだけではダメだと言う事。

1つ1つ考えながら弾いて行くとマスターも早くなると思います。

確実な答えよりも、曖昧な答えの方が多いと覚えておきましょう(^O^)

このコードが綺麗に音が出るように️とか頑張っていると前に全然進みません

特に最初のうちは、数をこなす事を考えていきましょう(^O^)

僕も、Fコードがいつから綺麗に鳴り出したのかなんて全然覚えてません(^O^)

感覚としては、いつのまにか弾けるように鳴るようになっていた。

と言うのが正直な所。

数をこなし、長く続ける️これこそがコツかもしれません(^O^)

コードの鳴りに響きにこだわるのはもっと上達してからで大丈夫です

それよりも、できる事を増やしていきましょう(^O^)

コードチェンジの練習方法(^O^)

(2017年3月4日(土) 14:57)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギターをはじめて良くFコードでつまずいたとか、Fコードが押さえられなくてギターを辞めたとかっていう話をよく聞きます 実際には、FコードよりもB系コード…例えばBのセーハコードBm、B7のセーハコードの方が難しいです。 では、セーハコードは難しいのか?ってなると実は全然難しくありま...

チューニングと言っても、時代が進むにつれ変化してきた。(o^^o) 僕がチューニング言えば、音叉がすぐに出てくる。先輩がささっとチューニングしてる姿に憧れたもんだけど 今じゃ音叉さえ知らないって人も多い 音叉でチューニング、イコール耳を使ってのチューニング……耳が良くなる...

フィンガーピッキングの際に、爪のかわりになるのがサムピック(o^^o) 親指にはめて、使うものでこれをつけるだけでアタック感がとても強くなる!スリーフィンガーの際にも、迫力が増す感じやね。 最初は、かなり違和感を感じると思うけど、一度慣れるとなかなかあのサウンドから抜け出せなくなる...

コードを押さえて弾く時、指板をみて確認して弾いてしまうと思いますが、それではなかなかコードが押さえれるようにはなりません。 ある程度形を覚えたら、見ないで弾く練習をやりましょう!^_^ 最初はなかなかうまくいかないと思いますがだんだん慣れてきます! 慣れてきたら!コードチェン...

今年もよろしくお願いしまーす(^O^) 2018年となりました!(^^)早速今年の目標を決めました! 今年は、ライブ本数を増やして行きます!ストリートにライブハウスにと。 もちろん、皆さんとのレッスンも楽しみにしてますので、これからもよろしくお願いします(^^)

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ