全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 アコースティックギター教室ピスタチオ スクールブログ 指の痛みを少し...

指の痛みを少しでもとる方法♪

ギターを初めて練習していくとさけては通れないのが指の痛みです。

繰り返し演奏するにつれて皮膚は固くなり、痛みはほとんど無くなります(^ ^)
最初のうち指が痛むのはギターを弾くための洗礼なのかもしれません。

ですが!

少しでも指の痛みをとることができるポイントがあります♪

・細くて柔らかい弦を使用する
・冬場等、練習前に手をお湯で洗って暖める

です(*^^*)

最初のうちは細くて柔らかい弦を使用して指をギターに慣らしていきます。
そして、段々と弦を太くするのが良いと思います。
太い弦に比べて細い弦は、
ダイナミックさや、チューニングの安定が少し弱いかもしれませんが練習にはもってこいです(^_^)v

ギターの弦は沢山出ていて楽器屋さんにいっても分かりづらいかもしれません。。

そんな時、店員さんに
「細くて柔らかいアコースティックギターの弦を探しています。」
と伝えればきっと優しく教えてくれます♪

「Custom Light (カスタム・ライト)」
「 Extra Light(エクストラ・ライト)」
と書かれているものが細い弦です。

ギターの弦について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さいませ。
どんな弦を選べばいいの?①
どんな弦を選べばいいの?②


ギターを弾く前にお湯で手を温めてあげるのは沢山のメリットがあります♪

指をキレイにしてあげることは、弦に汚れもつきにくく劣化を防いでくれます。
かじかんだ手で練習するとなかなか上手に押さえづらいものです。

皮膚が固くなってくるのはギターを頑張って練習している証です(^_^)
ちなみにギターを弾かなくなると皮膚はまた柔らかくなります。
皮膚が固くなるといっても手がごつくなる訳ではないのでご安心ください♪

是非お試し下さいませ♪

 

(2016年12月8日(木) 0:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラグタイムギター、カントリー好き必見!インストを中心に活動中

アコースティックギター教室ピスタチオ
鶴田崇 (アコースティックギター)

東京・新橋・品川・川崎・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・高田馬場・池袋・駒込・秋葉原・神...

ブログ記事 ページ先頭へ