サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 アコースティックギター教室244 スクールブログ ソロピッキング...

ソロピッキング(o^^o)

かれこれピッキングフォームを変更して1ヶ月、ブログを休んでいた間にやっていた取り組みなんだけど(//∇//)

振り返ってみると、変更の遍歴はすごい(@_@)

手首の回転、指先、逆アングル、手首の横振り、そして現在はエルボー(^O^)

その時々に理由とこだわりがあっての事なんだけど(//∇//)共通しているのは出音!と弾いてる感!

出音は、もちろん説得力のある音がアンプから出ているか?

細かく言うと、ダウンとアップの音量が同じか?ピックの深さをコントロール出来ているか?だね(o^^o)

弾いてる感は、ピックから伝わってくる振動が均一に感じるか?

今、こだわりを持っているのがこっちで、弾いてる感を感じれて尚且つ出音が素晴らしいか?たどりついたフォームがエルボー(^O^)

昔は、絶対に嫌だったフォームだけど(//∇//)一周して戻ってきた感じがある(^O^)

このフォームで極限まで浅く細かく!

今は、理想のフォームと言える。(@_@)

 

(2016年12月6日(火) 23:52)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

アコギをフィンガーピッキングで弾いてる人の次のステップアイテムといえば、サムピックやね!(^^) 親指にはめてスリーフィンガー。低音のアタック音と音量が上がってとても締まったサウンドになる。 最初は、慣れるまでミスピッキングが増えるけど、慣れればやめられない程のサウンド!(^ ^)...

ギターをはじめて良くFコードでつまずいたとか、Fコードが押さえられなくてギターを辞めたとかっていう話をよく聞きます 実際には、FコードよりもB系コード…例えばBのセーハコードBm、B7のセーハコードの方が難しいです。 では、セーハコードは難しいのか?ってなると実は全然難しくありま...

チューニングと言っても、時代が進むにつれ変化してきた。(o^^o) 僕がチューニング言えば、音叉がすぐに出てくる。先輩がささっとチューニングしてる姿に憧れたもんだけど 今じゃ音叉さえ知らないって人も多い 音叉でチューニング、イコール耳を使ってのチューニング……耳が良くなる...

フィンガーピッキングの際に、爪のかわりになるのがサムピック(o^^o) 親指にはめて、使うものでこれをつけるだけでアタック感がとても強くなる!スリーフィンガーの際にも、迫力が増す感じやね。 最初は、かなり違和感を感じると思うけど、一度慣れるとなかなかあのサウンドから抜け出せなくなる...

コードを押さえて弾く時、指板をみて確認して弾いてしまうと思いますが、それではなかなかコードが押さえれるようにはなりません。 ある程度形を覚えたら、見ないで弾く練習をやりましょう!^_^ 最初はなかなかうまくいかないと思いますがだんだん慣れてきます! 慣れてきたら!コードチェン...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ