全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター北海道 北のウサギ ギター教室 スクールブログ 青春のギター ...

青春のギター その2

1970年代は、歌謡曲一色から、フォーク、グループサウンズなどが台頭して、やがてニューミュージックと呼ばれるようになりました。ユーミンやサザンなどもこの頃デビューしてます。
私は、バンド活動が出来ないので、一人で歌を歌いながらという、いわゆる弾語りを毎日してました。
ギターを弾きながら歌うっていうの、最初は出来ないんです。脳がシンクロしないんですね^_^
(ギターストロークと歌の歌い方、アドバイスします)
さて、大阪に毎日放送という放送局があって、ヤングタウンという深夜ラジオの公開録音を土曜日にやってたんです。
司会は今や大御所の桂三枝さん。当時は関西ローカル人気の若手さんでした。
こちらもアマチュアのオーディションが毎週開かれて、合格するとこの公開放送で歌えるんですね。
受付前には、毎回廊下の端まで100本くらいギターケースが並んでました。
10回くらい受けて落ち続けたある時。
「だいぶ上手くなったね、ノート見せてごらん」って声をかけられました。
レパートリー帳には、洋楽とオリジナル曲がびっしり書きなぐってあります。
「今度、コレ弾いて」って。
合格でした。
何よりも、毎回ちゃんと聞いててくれたのが嬉しかったです。
(続く)

 

(2016年10月19日(水) 13:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コードで躓いている方も!ギター歴45年の経験を元に教える上達の近道

北のウサギ ギター教室
良山鷹 (アコースティックギター)

新札幌・西18丁目・バスセンター前・菊水・東札幌・南郷18丁目

ブログ記事 ページ先頭へ