全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター兵庫 ジョージのアコースティックギター教室 スクールブログ 実は重要なピッ...

実は重要なピッキング論

こんにちは!

自宅から100m先のスーパー万代まで

『みちのく1人旅』

ジョージです( ̄∇ ̄)

ジョージギタースクールのコーチは一向にブログを更新しないですね!!

部活でいったらアナタ!幽霊部員みたいなものですよ!ちゃんとしなさい!

と皆様の御指導・ご鞭撻が・・・

も、も、もも申し訳ございませーーーん!(>_<)


と、就寝中。夢でうなされましたので早速ブログを更新します。


本日はですね!僕流の僕念に概します

僕が僕であるために by尾崎豊ヒット曲より。

右手のピッキングについてお話したくござ候でございます!


単刀直入に結論から申し上げますと・・

【ピッキングは基本的に強く弾かない方がよいです】

これでございますm(_ _)m

ピッキングとは、いわば音量を司る者でござりまする。

強く弾けば音は大きく、荒々しくなります。

(もちろん、その荒々しさを敢えて表現する時はありますよね(^^)
そういった時は強く弾いても大丈夫です☆)

ピッキング=音量。

では何故、強く弾かない方がよいのか。

例えましたら音楽を聴く時のプレイヤー・音楽機器

音量を上げてゆけば上げる程、音は割れて潰れていきますよね☆

これと一緒なんです(^_^)

ギターも強く弾けば弾く程、音は割れて潰れてゆきます。


音楽を聴く時、その音楽が心地良くきこえるように



僕達は無意識に適正な音量を設定します☆

それと同じでギターも弾く時はピッキングで適正な音量を

設定いたします。

ですのでギターのピッキングは強く弾かない方がよいと僕は思っています♪

例えば

スピーカーからのボリュームのマックス=ピッキングする時の力のマックス

と考え

様々な曲でギターを様々に演奏する時

それぞれにあった音量に設定してギターを弾くと

それだけで一つも2つもギターが上手に聴かせられます☆

もちろん、ギターは奥深いのでピッキングの強さを変えるだけではなく

様々な技法や秘訣がドッキングし

『いいギター・うまいギターが弾ける』

答えに結びついてゆくわけなんですけどね(^_^)

その辺はレッスンにてお伝えできればと思います☆

このブログをご覧の皆様

ピッキングが強いなーと御思いの方がいらっしゃいましたら

是非

ピッキング=音量

強く弾き過ぎない事をお試しください(*^ー゜)


もし、いろいろ悩んでおられる方がいらっしゃいましたら

体験レッスンにお越しください☆

無料ですから、お得ですよ(笑)

その時に様々にお応えできればと思います。

あ、最後は営業文になっちゃった!爆笑

失礼しました。

ギターは弾けるようになると楽しいですよ(@^▽^@)

 

(2016年3月10日(木) 15:35)
この記事を書いたコーチ

UVERworld等と共演!気さくなコーチと苦手を克服できるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ