サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター岐阜 初心者のためのアコースティックギター スクールブログ Fの壁を乗り越...

Fの壁を乗り越えよう!

こんにちは、シンガーソングライターの河合一尚です。

今日はフォークギター初心者の方が必ずつまずくといわれるコード『F』の練習法を書きたいと思います。



まず僕のフォークギターレッスンでは5つのコードが弾けるように練習していきます。
そのコードとはC,G,Am,Em,Dm7の5つ。

ちょっと難しい理論とかは後に書くとして、ひとまずこの5つのコードが弾けるようになれば、色んな曲が弾き語りできるようになります。

スピッツ『チェリー』
尾崎豊『I LOVE YOU』
kiroro『未来へ』
GLAY『HOWEVER』
藤井フミヤ『TRUE LOVE』

などなど。
実際に僕も中学でギターを持ち、初めて弾き語りできた曲がkiroroの『未来へ』でした。



さて、お気づきでしょうか?
本来『F』というコードは曲を演奏する上で避けては通れない重要なコードなのに、なぜ使わずに曲が弾けてしまうのか。

それは5つのコードのうち『Dm7』が『F』の代わりをしてくれているからなのです。

しかもこの『Dm7』というコード。
1,2弦を人差し指でまとめて押さえるので、全部の弦を押さえなければならないFの練習にはもってこいのコードでもあるのです。

フォークギター最初の難関コード『F』
つまづいてしまった方はぜひ代わりのコード『Dm7』にチャレンジしてみてください。

他にもコード『F』が弾けるようになるコツもいくつかありますが、それはレッスンの中で生徒さんにだけ教えています。
ぜひ体験レッスンに来てみてくださいね♪



【なぜ『Dm7』が『F』の代わりになるの?】
ここから先は疑問解決の為に音楽理論を混じえたお話を書いていきます。
ちょっと難しいですが、音楽のしくみを知るのもまた楽しいので、興味がある方は続きも読んでみてください♪

それではなぜDm7がFの代わりになるのか。
2つのコードを比べてみましょう。

それぞれの構成音を見てみます。
『F』はファ、ラ、ド(英名でF,A,C)の三和音。
『Dm7』はレ、ファ、ラ、ド(英名でD,F,A,C)の四和音。

こうして見ると分かりやすいですね。
Fにレを足したコードがDm7なのです。
これだけ似ているから『Dm7』は『F』の代わりをすることができるわけです。

こうした関係のコードを【代理コード】と呼びます。
CとAm7、GとEm7などもこれにあたります。
厳密にはマイナーコードは短3度の響きが含まれているので曲の中では使い分けたり、使えない場面があったりしますが、おおまかな役割は同じです。

なんで?どうして?が分かると音楽もより一層楽しくなりますね♪



このように、僕のレッスンはただ練習を繰り返したり課題をこなしたり...といったものではなく、なぜこの練習をするのか?なぜこの課題をクリアするのか?も生徒さんに理解してもらいながら、ゆっくりしっかり進めていきます。

次回は簡単でかっこよく見せる音運び『クリシェ』についてお届けします♪

 

(2016年3月6日(日) 11:44)

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは、シンガーソングライターの河合一尚です。 今日はフォークギター初心者の方が必ずつまずくといわれるコード『F』の練習法を書きたいと思います。 まず僕のフォークギターレッスンでは5つのコードが弾けるように練習していきます。 そのコードとはC,G,Am,Em,Dm7の...

ブログ記事 ページ先頭へ