全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター栃木 理の ほのぼのアコースティックギター教室 スクールブログ 右手のピッキン...

右手のピッキングの位置は、ブリッジより?ネックより?

こんにちは、日光のギター教室の野口です。

良いお天気です。皆さんは、どこかにお出かけしましたか?
自分は、外に出ても日差しを避けるため
なるべく日陰を探しながら過ごしてます。

さて、今日は
「ピッキングの位置について」
です。

ピッキングをできる位置は、
ブリッジのサドルからナットの部分まで
ありますね。
(ナットの近くで弾くコトはあまりないですが)


考え方としましては、
初めのウチは「弾きやすい部分」で
なんとなく弾いていても良いのです。

が、

ある時、気付いてしまう事でしょう。
ピッキングの位置で、かなり音色が
変わるというコトを。

硬い音、柔らかい音、鋭い音、丸っこい音・・・

言葉で表現すると、こんな感じに
なってきますが、

まず、自分でピッキングの位置を変えて
弾いてみて感じてみて下さい。

同じギター、同じアンプ、同じエフェクターでも
試すと、さらに色んな音が出せると思います。

シンプルなセッティングで、
精一杯表現力をつけておけば
機材が変わっても
「自分の出したい音」を
出せるようになります。

そんな楽しみも感じながら
日々ギターと触れ合ってみて下さい。


では、また。

 

(2015年5月17日(日) 13:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーを経験。フォーク、ブルース、歌謡曲など、多彩なジャンルに対応

ブログ記事 ページ先頭へ