全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター栃木 理の ほのぼのアコースティックギター教室 スクールブログ 理論?って堅苦...

理論?って堅苦しいけど、よくわからないし・・・

こんばんは、日光市ギター教室の野口理です。

ギターを弾く皆さん、
音楽理論・・・意識してますか?

これがまた、さじ加減というか
バランス感覚というか?

僕は、昔ギターでやっと一曲弾けるようになった時

「よっしゃー、音楽理論勉強して
もっと早く上手くなってやるでー!」

と思った時期がありました。

結果・・・

頭デッカチになり
音楽用語を会話に散りばめても
理解できてないヤツになってました。

んで、実際の演奏はひどいもんでした。

逆にスリーコードの8ビートの
シンプルな演奏から学んだコトが
その頃は多かった気がします。

そんな経験から、
音楽理論との付き合いかたと言いますか
距離感みたいなものを
僕なりに書いてみますね。

まずは、好きな曲とかLIVEのレパートリー曲とか
練習で何回聴いたり弾いたりしますよね?

そして、なんとなく

「この曲のこの部分、元気が出る感じだなー」
とか
「このコードが歌の歌詞の雰囲気をより深めてるなー」
とか
「なんだろう、この腹がよじれそうな粘っこい感じ?」
とか
「このリズムが疾走感をかもし出してるなー」
とか

自分で色々感じた時

「なんで、そう聴こえる?
なんでそう感じる?んだろう」

って時に、教則本なりインターネットなりで
調べるのが良いのかなと、思います。

大切なのは、表現したいサウンドに
「ココを こうすれば 近くなる」
と、ギター演奏で使えることだと思います。

テクニックと理論のバランスとでも言いましょうか?
頭デッカチにならず、
現在の引き出しの大きさに甘んじない的な、
感じですかね。

明日も続けます。

では、また。

 

(2015年4月15日(水) 23:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーを経験。フォーク、ブルース、歌謡曲など、多彩なジャンルに対応

ブログ記事 ページ先頭へ