全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター栃木 理の ほのぼのアコースティックギター教室 スクールブログ タコみたいにフ...

タコみたいにフニャフニャ脱力


こんにちは、日光市ギター教室の野口理です。

今日は暖かかったですね、午後は長袖一枚で過ごせました。
春本番になるのか?

さて3月も最後になり4月から新たなスタート!!

新たな環境だったり、新しいことを始めたり
ですと慣れるまでは、余計な力が入りますよね。

力むと、無駄な動きがありますし
体力的にも疲労します。

やはり

“脱力・リラックス”

がキモになってきます。



脱力は、やはりギターを弾く時も
必要なテーマになってきます。

今回は右手ストロークに絞って書きます。

理想はズバリ!

「タコみたいにフニャフニャ脱力!」

です。

しかしながら
肩から指先まで初級者が

「フニャフニャ」やると

可動部分が多すぎてストロークを
コントロールできなくなります。

ですので、まず初めの段階では
“ヒジ”の動きからストロークの
フォームを作っていくことになります。

長くなりそうなので
そーゆー感じってのが伝わりますかね?
(やはりツタナイ文章より実レッスンの方が
伝わると思うので(^_^;)

「脱力」と「右手のフォーム」は
大切な部分なので、
これからも時々、なるべく具体的に
書いていきたいと思います。

では、また。

 

(2015年3月31日(火) 18:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーを経験。フォーク、ブルース、歌謡曲など、多彩なジャンルに対応

ブログ記事 ページ先頭へ