サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 隆行アコースティックギタースクール スクールブログ 難関!! バレ...

難関!! バレーコードのコツ!!!

FやBmなどのバレーコードは必ず躓くちょーーー難関です!!

ここで、どう押さえればいいのか、どう意識すればいいのかを、よくある失敗例から紹介させていただきます。

まず、人差し指だけでセーハ(全ての弦を押さえる)できるように練習するのですが、
実はFは6本全て押さえるのに対して、Bmは5本で済みます。
まずはBmから練習してみましょう。

まず、人差し指が弦に触れる場所を探します。
机などの平らなところに人差し指を置きます。  つま先だけでなく、指全ての面を乗せてください。

そこから右へ傾けてみてください。
斜めらへんに“角”がありませんか?  一番硬い部分です。
その部分が弦を押さえる場所です。

次に、指を当てる場所です。
爪の生え際の横を5弦に当てましょう。
その形で、セーハしてみてください。

ちなみにFの場合は6弦です。

コツは、指を曲げないことです。

意識は1,2フレットと5フレットです。


Fの場合も5フレットを意識しましょう。
6フレットを意識すると5フレットが鳴らないことがよくありますが、以外と5フレットを意識すると6フレットもできちゃいます。


角度
位置
意識するフレット

これを繰り返せば必ずバレーコードは出来ます!!

さあ!がんばってみましょう!!!!

 

(2015年3月25日(水) 15:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

どんな目標にも全面的に協力!優しい先生だからお子様・初心者も安心

隆行アコースティックギタースクール
金丸隆行 (アコースティックギター)

平野・天王寺・長居・鳳・河内松原・藤井寺・近鉄八尾・河内長野・堺東・中百舌鳥・北野田...

ブログ記事 ページ先頭へ