サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター栃木 理の ほのぼのアコースティックギター教室 スクールブログ ギターを弾く環...

ギターを弾く環境の大切さ。

こんにちは、日光市ギター教室の野口さとしです。

ここ日光市、今日は雨が降って寒さは一旦和らいでます。
適度な湿度が、心地よいです。

さて、お題にも書きました
「ギターを弾く環境」
についてです。

皆さん、環境が人に与える影響って意識してますか?

ときどき、ボーっと
「環境ってタイセツナキガスル」
と考えたりしてますが、

たまたま、前から気になってた言葉を
検索してたら
「環境の大切さ」を教えてくれる
文章に出会えましたので、借りてきました。
以下



4.集中を妨げる外乱がシャットアウトされている
取組対象以外のことが自分に降り掛かってくることがなく、対象にのみ集中できること。
例えば、自分が文章を書くことに集中しているときに、同僚から声を掛けられてそちらに意識が発散するようなことがないことがこれに当てはまる。

これらの要素が満たされると、自分の「心理的エネルギー」は、よどみなく連続して、100%その対象に注ぎ込まれるようになり、これによりとてつもない集中と、楽しい感覚が生み出されます。

このような状態を「フロー体験」と呼び、この状態にある間、人は時間の流れを忘れ、ひたすらそのことに没頭し、得も言われぬ高揚感に包まれます。



ここまで。
いかがですか?
気になってた言葉は、そう

「フロー状態」です。

さっそくアマ◯ンで、それに関する本を
注文しました。

ひょっとしたら、「フロー状態」を目指して
音楽やってるのかも?!

んなわけで、「ギターを弾く環境」について
参考になりましたでしょうか?

今後ともこのテーマには、たびたび触れそうですね。

では、また。

ギターを弾く環境の大切さ。

(2015年1月6日(火) 17:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーを経験。フォーク、ブルース、歌謡曲など、多彩なジャンルに対応

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんばんは、日光のギター教室講師、 野口サトシです。 レッスンで僕は、 良くギターの演奏を 車の運転にたとえます。 その中の一つを今日は ブログネタにしますよ〜。 さっそく・・・ 「車のブレーキのごとくミュートはしっかりと」 ギターとい...

『とにかく、ギターってなんじゃ?の人ウェルカム』 こんばんは、日光のギター教室講師の、 野口サトシです。 「ポ◯モン、ゲットだぜ!」 ま、サトシってゆーことで・・・・ ウチの次男君が “妖◯ウォッチ” ではなく “ポ◯ットモンスター”にハマって...

こんにちは、日光のギター教室、講師の野口です。 いや〜今日は暑かったですね〜(>人<;) 皆さん体調には、気をつけて。 こう暑くなると手汗で 弦のサビ進行が早くなりますので、 ギターを弾いた後は、 クロス(布)などで、 弦を一本一本丁寧に 拭いておきたいものです...

こんにちは、日光のギター教室の講師の野口です。 ギター講師をしていて、この部分は 「《人から人》じゃなきゃ伝わらないよな」と 思うことが、結構あります。 まずフォーム全般、特に指先から肘 そして、姿勢などは、 自分だけでは、チェックしようが無いです。 さらに、 ...

こんにちは、日光のギター教室の野口です。 今日は、なんと病院にいます。 午前中に健康診断に来てまして 待ち時間の間にブログを 書いてます。 この歳になると、健康面への関心が特に高まります。 自分は健康なつもりでも、やはり結果が気になりますね。 せめて気持ちは、...

ブログ記事 ページ先頭へ