サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 CHUTA GUITAR SCHOOL スクールブログ 自分の歌やソロ...

自分の歌やソロギターよりも伴奏に問題が・・・

こんにちわ!
みなさんは録音機材を持っていますか?
簡単なボイスレコーダーなどでも一つ持っておくと便利です。

一つフレーズなどが浮かんだときに、さっと録音しておける。
楽譜を書くより遥かにわかりやすいですね。

僕は最近、レコーディングが数本立て込んだことと、
ソロ活動でレコーダーを使用する頻度が高く、
あらためて自分の伴奏(バッキングやアルペジオなど)を聞く機会が増えました。

やっぱり聴かせるのはソロプレイや歌なんですが、
伴奏一つで全体の雰囲気もがらっと変わるのです。


ミュージシャンの中でも歌ものバックを専門としているバックミュージシャンたちは
常に自分の伴奏を研究したりしています。


レッスンでも同じです。
自分が出した音を放っておかないで、できるだけ録音して聴いてあげましょう。

次に音を出したとき、また違ったことに気づくかもしれません。


       吉田 忠太

 

(2009年8月19日(水) 17:42)

前の記事

ブログ記事 ページ先頭へ