全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 CHUTA GUITAR SCHOOL スクールブログ 自分の歌やソロ...

自分の歌やソロギターよりも伴奏に問題が・・・

こんにちわ!
みなさんは録音機材を持っていますか?
簡単なボイスレコーダーなどでも一つ持っておくと便利です。

一つフレーズなどが浮かんだときに、さっと録音しておける。
楽譜を書くより遥かにわかりやすいですね。

僕は最近、レコーディングが数本立て込んだことと、
ソロ活動でレコーダーを使用する頻度が高く、
あらためて自分の伴奏(バッキングやアルペジオなど)を聞く機会が増えました。

やっぱり聴かせるのはソロプレイや歌なんですが、
伴奏一つで全体の雰囲気もがらっと変わるのです。


ミュージシャンの中でも歌ものバックを専門としているバックミュージシャンたちは
常に自分の伴奏を研究したりしています。


レッスンでも同じです。
自分が出した音を放っておかないで、できるだけ録音して聴いてあげましょう。

次に音を出したとき、また違ったことに気づくかもしれません。


       吉田 忠太

 

(2009年8月19日(水) 17:42)

前の記事

ブログ記事 ページ先頭へ