全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター栃木 理の ほのぼのアコースティックギター教室 スクールブログ 演奏テクニック...

演奏テクニック「スライド」のコツ


こんにちは、日光市ギター教室の野口さとしです。

きょうのテーマは、

「スライドのコツ」です。

まず、
ギターのテクニックでスライドって何ぞや?から
書きますね。

左手で押弦したまま、(音をだしながら)
指を横にすべらせるように移動させて
音程を変えるテクニックです。

ギターならではの、テクニックですね。

僕自身スライドが、苦手でした。
欲しい音程に届かなかったり、行き過ぎたり
リズムがモタったり。

そこで、コツを4点にまとめてみます。

◯ネックのサイドポジションマークをよく見る(止まりたいフレットをよ〜く見る)

◯左のヒジを上手く使う(手首より先に動かす)

◯単音の場合は、押弦してる指をしっかり立てる

◯リズムにのって、弾く(基本は、目的の音程が拍のアタマにくるように)

あたりですかね。

夢中になって練習いしていると姿勢が悪くなりやすいので、
鏡などでチェックしながら、取り組んでみてください。


しかし、ブログのテーマとして取り上げましたが、
活字だと限界があります。

実際弾きながらの方が伝えやすいです。

弾きたくなったら・・・

マンツーマンで丁寧と評判な(自分でいうなf^_^;)
無料体験レッスンを受けてみてください。

では、また

演奏テクニック「スライド」のコツ

(2015年1月3日(土) 13:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーを経験。フォーク、ブルース、歌謡曲など、多彩なジャンルに対応

ブログ記事 ページ先頭へ