サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 CHUTA GUITAR SCHOOL スクールブログ 銀座で。

銀座で。

今日は知り合いに呼ばれて、銀座の生演奏をやっているバーにお邪魔してきました。

営業中だったので写真は撮れませんでしたが、
すごく雰囲気のいいバーですぐに気に入ってしましました。

今日はフラメンコギター奏者のステージでした。
フラメンコギターとなるとやはり根本的な奏法に絶対的な違いがあり、
同じギタリストでもやはり魅入ってしまいますね。

左手はともかく、すべての指が生きているかのような右手!
マイクに隠れて盗みたい部分がぎりぎり見れない・・・

ともかく凄まじく攻撃的ですばらしい演奏をきかせていただきました!

その後、少し時間をいただいてステージに上がったのですが、
流石にその演奏を聞いた後でボッサやサンバに挑む勇気はなく(笑)
すべて4ビートで完結しました。

そんなケースに限らずLIVEというのはそれまでの練習量やスタイルと別に
「場の空気」というものが必ず着き纏います。

それまでいくら練習してきた曲があったとしても、
場の空気一つで曲目すら変えなければいけない、という局面は往々にして存在します。


しかしそれでも変わらないことが一つあります。

結局は「楽しむ」ということなんです。
どれだけ準備不足でも、どれだけアウェイな環境でも、
楽しんでしまえば必ずリスナーにもその気持ちは伝わるのです。

一番原点でもあり、一番難しいことなのかもしれません。

しかしそれがないとやはり「音楽」とは言えないのではないでしょうか?


僕はそう思います。
レッスンもLIVEも練習も、普段から如何に楽しむことができるのか?
それを忘れなければ、どこへ行っても絶対大丈夫だと思います!


                      吉田 忠太

 

(2009年8月12日(水) 4:59)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちわ! みなさんは録音機材を持っていますか? 簡単なボイスレコーダーなどでも一つ持っておくと便利です。 一つフレーズなどが浮かんだときに、さっと録音しておける。 楽譜を書くより遥かにわかりやすいですね。 僕は最近、レコーディングが数本立て込んだことと、 ソロ活動でレコーダーを使用する...

今日は知り合いに呼ばれて、銀座の生演奏をやっているバーにお邪魔してきました。 営業中だったので写真は撮れませんでしたが、 すごく雰囲気のいいバーですぐに気に入ってしましました。 今日はフラメンコギター奏者のステージでした。 フラメンコギターとなるとやはり根本的な奏法に絶対的な違いがあり、 ...

ここ何日かで一気に夏が来た感じですが、皆さんも熱中症などにはきをつけてください。 さて、今週でもう七月も終わります。 ここ最近は来月の公園がけっこう大きいのでその準備に忙しくしています。 初のホールでの舞台+当日は生録音ってはなしなので相当大掛かりなセットになることでしょう・・・...

昨日のお仕事は知り合いのギタリストのローディーとしてリハに参加させてもらってきました。 ローディーって言っても実際には搬出入を手伝う程度ですが。 かなりの大人数のバンドで、一番大きなスタジオでのリハでしたが やっぱり人のリハに参加させてもらうのはすごく勉強になります。 改めてほ...

個人的に夏は好きです。 が、 六月はいったあたりから湿気が増え始め、ギターさんたちには非常に苦しい季節になります。 アコースティックギターなんかは湿気を吸いすぎて若干重たくなってしまうとか。。。。 梅雨が明け、本格的な夏の到来ですが、管理コストは跳ね...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ