サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター栃木 理の ほのぼのアコースティックギター教室 スクールブログ ギターの構えか...

ギターの構えかた

今回のテーマは「ギターの構え方」です。

・・・と、その前に
あなたのギタースタイル。2択だったら、どちら?

○座って弾くことが多い“宅録派”
○立って弾くことが多い“ライブ派”

と書きましたが、
後々ライブやコンサートなど
発表の場を考えると後者の“立って弾く”ことを
おススメします。

常に立って弾く習慣にすれば、全身でリズムをとれますし
座った時には立った時のギターの位置がイメージ出来ます。

それでは、ギターの構えで、
今日は大切な事を一つだけ書きます。

それは、「指板を正面から見ようとしない」

どうゆう事かといいますと、
指板(正面のポジションマーク)を見ると猫背になってしまうんです。
すると

呼吸が浅くなる、腕の可動範囲が狭くなる、長時間続けると疲れやすくなる、など

猫背によって人体本来が持つパフォーマンスが十分に発揮できません。
細かいことは今後も補足していきますが、。
猫背を予防するには

「サイドポジションマーク
(ネックの横の3・5・7・9・12フレットの点じるし)を
 見てギターの練習する習慣をつける」

ことです。

慣れないと難しいですが
後々の上達の速さが確実に違ってきます。

また、構えた姿勢ですが
自分では、なかなか気が付かないこともあるので
大きな鏡か、友人に見てもらい
チェックしてもらうのも良いですね。

では、また。


ギターの構えかた

(2014年11月14日(金) 20:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国ツアーを経験。フォーク、ブルース、歌謡曲など、多彩なジャンルに対応

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんばんは、日光のギター教室講師、 野口サトシです。 レッスンで僕は、 良くギターの演奏を 車の運転にたとえます。 その中の一つを今日は ブログネタにしますよ〜。 さっそく・・・ 「車のブレーキのごとくミュートはしっかりと」 ギターとい...

『とにかく、ギターってなんじゃ?の人ウェルカム』 こんばんは、日光のギター教室講師の、 野口サトシです。 「ポ◯モン、ゲットだぜ!」 ま、サトシってゆーことで・・・・ ウチの次男君が “妖◯ウォッチ” ではなく “ポ◯ットモンスター”にハマって...

こんにちは、日光のギター教室、講師の野口です。 いや〜今日は暑かったですね〜(>人<;) 皆さん体調には、気をつけて。 こう暑くなると手汗で 弦のサビ進行が早くなりますので、 ギターを弾いた後は、 クロス(布)などで、 弦を一本一本丁寧に 拭いておきたいものです...

こんにちは、日光のギター教室の講師の野口です。 ギター講師をしていて、この部分は 「《人から人》じゃなきゃ伝わらないよな」と 思うことが、結構あります。 まずフォーム全般、特に指先から肘 そして、姿勢などは、 自分だけでは、チェックしようが無いです。 さらに、 ...

こんにちは、日光のギター教室の野口です。 今日は、なんと病院にいます。 午前中に健康診断に来てまして 待ち時間の間にブログを 書いてます。 この歳になると、健康面への関心が特に高まります。 自分は健康なつもりでも、やはり結果が気になりますね。 せめて気持ちは、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ