サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 あっという間にアコギ上達! スクールブログ 大きな音を出す...

大きな音を出すには

はい、こんにちは!久しぶりですね。


最近レッスンをやっていて思うのは折角アコギを使っているのに大きな音(ギターが十分に鳴っている音)を出すのが苦手な人が多い様です。


そこで、大きな音を出すコツについてお話ししたいと思います。


まず、ピックを力みすぎない様にしっかりと持ちましょう。

次にストロークをする訳ですが、しっかりと6弦〜1弦まで深く当てて通過させましょう。

ここでピックがボディから離れがちになる人が多いですが、しっかりと当てた時の深さを保ちましょう。

そして、これと同時に気を付ける事があります。

押さえているコードですが、必要な弦がきちんとサステインするようにしっかりと押さえている事です。

どうでしょうか?状況は改善しましたか?

折角のアコギですので大きな音で楽しみましょう!ではまた!

 

(2014年9月24日(水) 5:07)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

はい、こんにちは! 今回はライブでのミスについてです。 ミスったらどうすればいいとか、緊張するとかは皆さんよく言われる悩みどころですよね。 ただ、ミスっても緊張しても時間は止まらないのでどんどん進行します。 折角お客さんが観ている訳ですからライブ中は顔や態度に出さない方...

はい、こんにちは!久しぶりですね。 最近レッスンをやっていて思うのは折角アコギを使っているのに大きな音(ギターが十分に鳴っている音)を出すのが苦手な人が多い様です。 そこで、大きな音を出すコツについてお話ししたいと思います。 まず、ピックを力みすぎない様にしっかり...

こんにちは、今回はバレーコードについてです。 これを押さえられずにギターを挫折してしまう人も多いかと思います。 コツは指の平ではなく斜め側面を使う事と節を避ける事です。 まずそのようにして指を置いてみましょう。そしてもう一つ大事なのは親指です。 上記の様に指を置いた...

アコースティックギターを選ぶ際はボディの大きさと使用する環境によって選ぶと良いでしょう。 というのも多くの方は直感で選んでいるようですが、直感で選ぶこと自体は悪くは無いのですが、1本目が満足いかないのでろくに使わず直ぐにに2本目に手を出すというケースがよく見かけます。 その...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ