全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター兵庫 初心者の為のアコギスクール スクールブログ ギターの基本4...

ギターの基本4(コード習得C)

前回のブログでは、基礎練習のお話と、コードのお話をさせて頂きました!

今回は、基本的なドレミファソラシドの押さえる場所と、コードを何回かに分けながら押さえかたと、注意点を説明していきたいと思います^ ^

最初に断っておくことがあります^ ^

もし、他のスクールで違う先生に習っている場合は、その講師の方の手順でギターを楽しんでいってください^ ^

ギターを弾けるようになるより人間関係の方が大事なのです^ ^

では!!

まず、ドレミファソラシドの押さえる場所から説明します^ ^

ちなみにドレミファソラシドはギターのどこから弾きはじめても弾けますので、これは本当にギターでドレミファソラシドを弾く基本的な押さえかたです^ ^

押さえかたの表記の仕方などは前のブログ「ギターの基本4」に書いてありますので少し見てみてくださいね^ ^

では!

こんな感じで書きます^ ^

5弦3フレット→ド

4弦開放(左手で弦を押さえない)→レ

4弦2フレット→ミ

4弦3フレット→ファ

3弦開放→ソ

3弦2フレット→ラ

2弦開放→シ

2弦1フレット→ド(最初書いたドより1オクターブ上)

これが基本的なドレミファソラシドの押さえる場所です^ ^

ゆっくり押さえて弾いてみて、毎日の基礎練習にしてみてください^ ^

すらすらと弾けるようになったら、逆にドシラソファミレドっと弾けるように練習です^ ^

次はコードのお話を^ ^

マニアックのようなお話をしても退屈するだけなので、シンプルに書きます^ ^

コードのCDEFGABとは、

C→ド
D→レ
E→ミ
F→ファ
G→ソ
A→ラ
B→シ
(C→ド)

っという意味です^ ^

簡単なコードからといきたい所ですが、F.Bをまず除いて、順にコードの押さえる位置と注意点の説明をしておきますね^ ^

何故二つ除くか、、、今はこれしか言えません、、、難しいコード、、、

でも順にやっていけば弾けるようになります^ ^

っということで今回のタイトルに書いてありました「C」というコードからいきます^ ^

押さえる場所は、

5弦3フレット 薬指

4弦2フレット 中指

2弦1フレット 人差し指

音的には、よく学校の放送の音がします^ ^

5弦から順に2弦までで、ドミソドっという音ですね^ ^

これを同時に押さえて最初は6弦からジャラン〜っと鳴らします^ ^

最初はきっと音が綺麗にならないと思います^ ^
ちなみに、最初は6弦からっと書いてありますが、Cというコードは本当は6弦は鳴らしてはいけません^ ^

ですが、最初からは無理なので、気にせず鳴らしちゃってください!^ ^

注意点の説明に入るのですが、文書では限界があるかもしれませんが、

1.指を立てて押さえる

大抵最初は指が寝てしまい、隣の弦に当たり、音が止まります^ ^

この辺をまず意識してみてください^ ^

当たらないよーうに頑張りましょう!

2.親指は6弦2フレット付近まで持ってくる

指の寝てしまう原因は、親指の位置にあります^ ^

親指がネック(握っている部分)の後ろ側にあっては、指が立たずに寝てしまいます^ ^

6弦側まで回してこれば自然と立つと思います^ ^

っが最初は慣れないので毎日少しずつ挑戦してみてください^ ^

コツとしてはこの2点を重点に練習すればCはすぐにクリアできるはずです^ ^

頑張りましょう!!

分からなければ気軽に聞きに来てみてください^ ^

今回は、ドレミファソラシドの押さえる基本位置と、コードCの説明でした^ ^

次回ギターの基本5ではコード「D」の説明などをしていきますのでお楽しみに!^ ^

 

(2014年7月22日(火) 23:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ソロギターを上達したい方歓迎!ギターが大好きになるポジティブレッスン

初心者の為のアコギスクール
金子千春 (アコースティックギター)

姫路・網干・野里・別府・八家・亀山・手柄・広畑

ブログ記事 ページ先頭へ