全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター兵庫 初心者の為のアコギスクール スクールブログ ギターの基本3

ギターの基本3

前回のブログ、ギターの基本2ではチューニングの後どうすればよいか、というお話でした^ ^

皆さん!ギターをコツコツ弾いているでしょうか?^ ^

まずは音を鳴らしてみよう!っというのが前のブログの本題でした^ ^

では!音を鳴らした後はここから練習方法が枝分かれします^ ^

1.ドレミファソラシを練習する。

2.コード(CDEFGAB)の習得

多分この2つに分かれると思います^ ^

自分はその日、初めてギターに触れるときは必ずドレミファソラシを弾いてから曲に入ります^ ^

指の準備運動にしているのです^ ^

1.の練習は準備運動として行うのがいいと思います^ ^

また、ギター経験者の方はこの1.の項目の練習を省きがちなのでしっかりとやっていって頂きたいです^ ^

ドレミファソラシ、これをスケールと言います^ ^

2.のコードの練習、これはギターをやっていく上で絶対避けては通れない道です^ ^

コードをブログ内で説明する前に、ギターの押さえる部分を伝える方法がありますのでこちらをまず説明します^ ^

太い弦が6弦、細い弦が1弦

太い方から6.5.4.3.2.1.と数えます^ ^

次に、ギターを握るところに銀色の棒が打ち込んであると思います^ ^

これを「フレット」といいます^ ^

ギターの弦が巻いてある側(ヘッド側)から
1フレット、2フレット、、、、、

っと数えます^ ^

書き方は5弦、3フレットみたいな感じになります^ ^

次回のギターの基本4からは基本コードのCEFGABの押さえる所と、押さえ方のコツなんかをブログにしていきたいと思います^ ^

今回の内容をまとめると、ドレミファソラシドを準備運動として、コードを習得していくという順ですね^ ^

ちなみにドレミファソラシの基本的な押さえ方も次回のブログに書いておきます^ ^

 

(2014年7月17日(木) 0:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ソロギターを上達したい方歓迎!ギターが大好きになるポジティブレッスン

初心者の為のアコギスクール
金子千春 (アコースティックギター)

姫路・網干・野里・別府・八家・亀山・手柄・広畑

ブログ記事 ページ先頭へ