全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 アコースティックギター教室ピスタチオ スクールブログ ピックについて...

ピックについて。

ギタリストにとって欠かせないもの。
それは、、

ピックです。

ピックは消耗品です。

値段はピンキリで、¥100〜¥1000以上するものもあります。

ピックの種類としては

•ピックの硬さ
•材質の違い
•形の違い(オニギリ型•ティアドロップ型etc)

が挙げられます。

中にはカントリーでよく使われる
「サムピック」という、親指にピックをはめて弦を弾く形のものもあります。


どんなピックを使えばいいのかというと、
特に決まったものはありません。

ピックを使わずに指で弾くのももちろんOKです^_^

それは使ってる内に自身が分かってくる好みで決まるものだと思います。

ですがギターを始めたばかりの方には、
ストロークや
ギター特有のリズムに慣れるためにも
柔らかいオニギリ型の(0.5mmのSOFT)をお勧めします。

オニギリ型の利点は
•大きくて持ちやすい
•厚みが無いので弦を弾いた時の抵抗が少なく
弾きやすい

です。

柔らかいピックで慣れてきた後に、
「自分はもっと力強いギターが弾きたいんだ!」
という方は徐々に
硬いピック(0.75mmのMIDIUMや1mmのHARD)
を選んで様々なピックを試すのもギターの上達に繋がります。

是非お試しください^_^

 

(2014年6月28日(土) 10:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラグタイムギター、カントリー好き必見!インストを中心に活動中

アコースティックギター教室ピスタチオ
鶴田崇 (アコースティックギター)

東京・新橋・品川・川崎・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・高田馬場・池袋・駒込・秋葉原・神...

ブログ記事 ページ先頭へ