全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター福岡 オオサトアコースティックギター講座 スクールブログ フォークギター...

フォークギターとアコースティックギター

フォークギターとアコースティックギターってどう違うんですか?と尋ねられた事があります。


だいたいアコースティックギターなんてな言葉は、いつから出てくるようになったのか分かりませんが、クラプトンがアンプラグドコンサートなんて言い出したあたりだろうか?

まあ、大体がフォークギターの事をアコースティックギター見たいな解釈にもなってしまいましたが。


アコースティックというのは、アンプラグド、要するにアンプを通さない生の音で楽しむ楽器を総称していうとの事。

そうなると、フォークギターも、クラシックギターも、フラメンコギターなどがそれにあたる訳です。

クラシックギターは、ガットギターというのが正解で、奏法が違ったりするためにフォークギター、クラシックギターと分かれたので、これはジャンル訳みたいなもんですね。

ジャンルによって、ギターの形、音色が分かれたのですね。

でも最近、このジャンル分けがだんだん分からない感じになってしまい、アンプに通して無いのがアコースティックとか言ってたのが、エレアコ、アンプに通すアコースティックが出て来たりで、なんのことやらという感じですね。

まあ、エレアコは、アコースティックの雰囲気をそのまま増幅させているということで、エレクトリックアコースティックギターの略で言ってます。

ああ、面倒ですね。

ギターはザックリ言うと、弦がナイロン弦か、スチール弦かの2種類に大きく分かれます。

これが大きな違いです。従って、フォークギター<アコースティックギター
という図式になる訳ですね。

というか、図であらわせませんが、フォークギターは、アコースティックギターの中に含まれるということで、イコールでもあるということですね。

(・ω・)ノ

 

(2014年2月4日(火) 0:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

チャリティーコンサートへの参加も。はじめて~弾き語りへの挑戦まで歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ