サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 あっという間にアコギ上達! スクールブログ はじめてアコー...

はじめてアコースティックギターを選ぶ際は

アコースティックギターを選ぶ際はボディの大きさと使用する環境によって選ぶと良いでしょう。


というのも多くの方は直感で選んでいるようですが、直感で選ぶこと自体は悪くは無いのですが、1本目が満足いかないのでろくに使わず直ぐにに2本目に手を出すというケースがよく見かけます。


そのように後悔しない為にも何点かアドバイス出来ればと思います。


まず、大きさですが、スケールと同様様々なものがあります。自分で持ってみた感覚や
重さ、響き、バランス、音量、色等実際に何本か弾いてみるといいでしょう。


音だけでなく鏡の前で構えてみるのも大事です。せっかく買ってもうまくマッチしていないのではがっかりなものです。


次に環境です。これはライブ等でPAやアンプに繋ぐ場合はエレアコ(エレキアコースティック:プリアンプが付いている)のタイプになっているものが良いでしょう。Takamineというメーカーはこのタイプでは評判もいいです。


そうではなく、ライブ等でも実際にマイクを立てて音を拾う方法でしか使わない場合はプリアンプは付いてなくても良いでしょう。


参考になりましたでしょうか?


初めてのアコースティックギターですからじっくりと吟味したいものですね!

 

(2014年1月18日(土) 2:17)

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

はい、こんにちは! 今回はライブでのミスについてです。 ミスったらどうすればいいとか、緊張するとかは皆さんよく言われる悩みどころですよね。 ただ、ミスっても緊張しても時間は止まらないのでどんどん進行します。 折角お客さんが観ている訳ですからライブ中は顔や態度に出さない方...

はい、こんにちは!久しぶりですね。 最近レッスンをやっていて思うのは折角アコギを使っているのに大きな音(ギターが十分に鳴っている音)を出すのが苦手な人が多い様です。 そこで、大きな音を出すコツについてお話ししたいと思います。 まず、ピックを力みすぎない様にしっかり...

こんにちは、今回はバレーコードについてです。 これを押さえられずにギターを挫折してしまう人も多いかと思います。 コツは指の平ではなく斜め側面を使う事と節を避ける事です。 まずそのようにして指を置いてみましょう。そしてもう一つ大事なのは親指です。 上記の様に指を置いた...

アコースティックギターを選ぶ際はボディの大きさと使用する環境によって選ぶと良いでしょう。 というのも多くの方は直感で選んでいるようですが、直感で選ぶこと自体は悪くは無いのですが、1本目が満足いかないのでろくに使わず直ぐにに2本目に手を出すというケースがよく見かけます。 その...

ブログ記事 ページ先頭へ