全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター埼玉 しんやアコースティックギタースクール スクールブログ アコースティッ...

アコースティックギターを弾くことへの不安

こんにちは、しんやです。
ご覧いただきありがとうございます。

エレキギターに続き、アコースティックギターも開講いたしました、
よろしくお願いいたします。

さて、よく”Fコード”で挫折した”というお話を聞きます。
Fコードに限らず、いわゆる1フレットを押さえることって難しいですね。
弦の張りの支えの片側に一番近い部分です、
どうしても力は多少要ります。

自分の場合、おすすめするのは3つ!

・慣れるまでは弦を細いものにする
弦が細いと押さえるのに多少楽です、慣れるまではこれでも良いかもしれません。
が、音に迫力が無いのが欠点です。
慣れてきたらおすすめしません(笑)

・カポタストを使用して、ポジションを楽な位置での練習をする
初心者の道具と思われがちなカポタストですが、
全くそんなことはありません、むしろ使いこなすことが上達への近道です。
特に弾き語りなどやられる方は必要です、最初のうちに買っておいて損しませんよ。

・チューニングを下げる(=弦の張力が弱まる)
実は、自分のアコースティックギターは普段半音下げた状態で使っています。
指の保護という名目もあるのですが、張力が少しだけ弱まった状態だと
低音が豊かに響くように思えます。
ちょっとクールな使い方だと思いませんか?(笑)

今回は専門用語をあえて使っていますが、web検索で意味は調べられると思います。
また、レッスン時には直接目の前でお見せしますので、
”1フレット攻略に付き合え!”とおっしゃってくださいね(笑)
ここが楽になると、アコースティックギターとの付き合いも楽になりますよ。

 

(2013年8月23日(金) 21:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

テレビでの演奏ほか、バックバンド歴多数。多趣味な先生が上達をサポート

しんやアコースティックギタースクール
しんや (アコースティックギター)

南浦和・東川口・赤羽・浦和・大宮・戸田公園・戸田・北戸田・与野本町・蕨・川口・和光市...

ブログ記事 ページ先頭へ