全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 ノラ・ギタースクール スクールブログ 適切な練習時間...

適切な練習時間は?

ギター上達のための練習時間はどのくらいが適切かというと個人差や年齢によって変化すると僕個人は思っています。
僕の場合は10代~30代はやみくもに練習していて最低でも3~4時間。
長い時は一晩中、徹夜で1曲だけを練習しマスターした事もありました。
世界的に有名なクラッシック・ギタリストともなると寝る時以外はギター練習に費やしてるという話も聞きますから僕の練習時間は短いほうだと思います。

で40代以降となると・・・・・練習時間が変わりました。
最低でも1時間。
ひどい時は1日ギターに触らない日も増えてきました。
内容は基本運指練習。
これだけで1時間はどうしてもかかります。
逆に練習を長時間やるとギター演奏が良くないものになってしまいます。
むしろ2~3日ギターに触らず、この季節なら桜を愛でたり心が豊かになるような時間を持つことが大切になってきました。
ではギターを2~3日触らなかったから下手になる?
と~んでもない!
逆に指が滑らかに動き心が感動したものが目蓋に浮かび音に魂を込めて演奏する喜びに溢れます。

技術的には上を見ればこの世界きりがないですが一番大切な事はギターは歌の代弁だということだと僕個人は思ってます。
僕の師匠(僕にだって師匠はいましたよ~。もう亡くなられましたが・・・・。)は天才と呼ばれてましたし確かに無茶苦茶すごかったけど口癖のように毎回おっしゃってました。
「たった、ひとつの音だけで2小節でも4小節でも他人を感動させてみろ!それが出来ない奴が複数の音をいくら重ねても速弾きや高度なテクニックを使っても意味がない!」と・・・・・厳しい師匠でしたハイ。

話が他へ広がりそうなので、ここでまとめます。
適切な練習時間とはだらだら非効率的なだけの、やたら長い練習時間ではなく効率的に集中し短い練習時間で充分ということだと僕個人は思ってます。

効率が悪いから練習時間が長くなる。
そして疲れも溜まる。
効率が良いから練習時間が短くなる。
疲れも溜まらない。

1日は24時間しかありません。
みなさんも自分にとって良い練習とは何か?を考え創意工夫してみてください。
すると必然的に練習時間は短くなると思います。

 

(2013年3月31日(日) 18:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

高校からヤマハに所属するギタリスト。ボサノヴァ好きにもおすすめ

ノラ・ギタースクール
山川義幸 (アコースティックギター)

東京・品川・五反田・目黒・恵比寿・上野・秋葉原・町田・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷...

ブログ記事 ページ先頭へ