全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 ノラ・ギタースクール スクールブログ 続:猿でもわか...

続:猿でもわかる調の読み方♭編

♭系の調を全て書き出しなさい。というような問題が出た時の単純な答えの出し方を説明しましょう。
まず♭系調のスタートはFのKeyでシに♭が付く事だけ覚えていればOKです。
以前のブログでも書きましたが音程(インターバル)を思い出してください。
ドとレ、レとミ、ファとソ、ソとラ、ラとシそれぞれの音的距離は全音。しかしミとファおよびシとドの間は全音の半分の距離・・・・・半音です。

では♭系の調ではFの次はB♭のKeyになるのですが・・・FのKeyからスタートしてF(ファ)からソ、そしてソからラ、そしてラからシと数えてゆきます。
ファ、ソ、ラ、シですね。
音が4つありますが、これでは全音+全音+全音になっちゃいます。(これを長4度と言います。)
ところがシ(B)に半音下げる♭を付けちゃうとファ、ソ、ラ、♭シとなり全音+全音+半音となります。
これを完全4度と言います。(わかりやすい例ではド、レ、ミ、ファです。ミとファの間だけが半音で他は全音で出来た4つの音の音程、インターバルを完全4度と呼びます。)

ハイ!スタート地点のF(ファ)から完全4度はB♭(♭シ)次はB♭(♭シ)から完全4度のE♭(♭ミ)さらに次はE♭(♭ミ)から完全4度はA♭(♭ラ)・・・・・こうやって♭系の調は簡単に全て割り出せます。

念の為に補足しておきますがB♭(♭シ)から完全4度を割り出すとシとドの間は普通、半音ですがシが♭半音下がってるので全音の音的距離になります。
♭シ~ドは全音。ド~レも全音。レ~ミも全音。これでは長4度であって完全4度にはなりません。
だからミを半音下げて♭ミ(E♭)にすると・・・あれれ!たちまち完全4度になっちゃいましたー!

とにかくこの完全4度というインターバル(音程。音的距離感)を守るだけで♭系の調(Key)は全て割り出せます。
これでこの手の問題が音楽の試験に出てもバッチリ!
数秒で全問正解OKです!

 

(2013年1月8日(火) 0:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

高校からヤマハに所属するギタリスト。ボサノヴァ好きにもおすすめ

ノラ・ギタースクール
山川義幸 (アコースティックギター)

東京・品川・五反田・目黒・恵比寿・上野・秋葉原・町田・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷...

ブログ記事 ページ先頭へ