全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 ブルーベリー・ギタースクール スクールブログ ネット空間での...

ネット空間での音楽業界

最近はU-streamに代表されるように、
一般人が自分の才能をアピールする機会が
よりオープンな状況になってきているようです。

普及していくのは、まだまだこれからだとは思うが、
ミュージシャンなど、業界の人たちが様々な角度から
働きかけ、力を入れている。

埋もれた才能・・・。
多分星の数ほどあるのだろう。
逆に、たいして感動のない、質の低い曲が
ネットに氾濫することもあるだろう。

ネット空間は、ますます情報が溢れ、
よく言われるように、受け取る側の情報選択能力が
求められるようになってきていると思う。
音楽も例外ではないだろう。

ただ、やっぱり素晴らしい音楽には、それなりの評価が集まってくるのは必然というか、自然なことで、
そこはきっと裏切らないのだろう。
そうあってほしいなと思う。

最近はジャニーズやAKBといったアイドルグループの曲ばかりが売れていて、音楽の楽曲としての質の低下を感じざるを得ない。僕が知るだけでも、「なんてすごいバンドなんだ!」と衝撃を受けるようなバンドが幾つかあるのに、なぜこういう結果になっているのかって思うが。
(とはいっても、AKBやジャニーズの良さもわからないではいもうひとりの自分は実はいる)。

「万人受けするか」という視点がポイントなのかな。
最近は、リスナーの好みも多様化し、ミュージシャン側も個性が出てきて、双方の結びつきが分散しているのかもしれない。それが、大ヒットを生みにくくしているのか・・。
 万人受けするにしても、もっと人間の「根源的な部分に迫るような普遍性」のある曲が、世の中に出てこないのかなって思うのが本音。

う~んそんな曲を作りたいのかな。
いや、とにかく自分を救う曲を作りたいというのが
そもそもの作曲の動機だが。

話がまとまらなくなりつつあるので、
今日はこの辺で・・・。

 

(2012年12月30日(日) 13:21)

前の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル楽曲は100曲以上!基礎の基礎~作詞作曲のご相談もOK

ブログ記事 ページ先頭へ