全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 ノラ・ギタースクール スクールブログ コードから♯の...

コードから♯の位置を探すなら・・・

コードの7度の音の位置に必ず♯が付きます。
ただしCは♯も♭も付きません。
これは覚えておいてください。
♯系はまずGから始ります。
ではGメジャーセブンの7度の音は?と言うとG(ソ)から数えて7つ目の音・・・・・ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ!ハイ!ファです。
ところでこの7つのインターバルにはふたつ半音がありますね。
シとド。
ミとファです。
この7つの音のインターバルを短7度と言います。
これをファの音に♯を付け半音上げるとミと♯ファで全音になっちゃいます!
これを長7度と言います。(7つの音の間に半音がひとつしかない状態)
これが大事です。
そのコードのルート(根音。Cならド、ミ、ソで根音はド。)から長7度目の音に♯が付くのです。
例えばDなら根音はレですからレ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドと7つ音を並べます。
するとこれもミとファそしてシとドが半音ですのでドに♯を付けてやります。
するとシと♯ドで全音になり先に述べた通り長7度になります。
ハイ!Dの場合ドに♯が付きます。
だけど♯系はGから始ると言いました。
と言う事でDのKeyにはファとドに♯が付きます。

さて・・・ここで♯の付くファ(Gの場合)とそれに更にドに♯が付くDの場合。
この♯ファから♯ドのインターバルに注目してみます。
♯ファとソの間は半音。
ソ、ラ、シの間はそれぞれ全音。
シとドで普通ならここの間も半音ですがドを♯させて半音上げてるので全音になっちゃいます。

ここでニヤリと笑った人にはもう、おわかりでしょうが完全5度のインターバルでしたー!!!!!
じゃあ♯ドからスタートする完全5度の音は?
まず音を並べてみましょう。
♯ド、レ、ミ、ファ、ソ。しかしこれでは♯ドとレの間とミとファの間が半音になり完全5度にはなりません。
そこでファに♯を付けます。
するとミと♯ファの間は全音になりますが今度は♯ファとソの間が半音になります。
完全5度とは5つの音のインターバルに半音がひとつしかない決まりです。
そこで続いてソにも♯を付けてみます。
♯ド、レ、ミ、♯ファ、♯ソで完全5度の出来上がりです。
以前のブログで書きましたが♯系の調の場合♯の付いてる一番右の音の半音上がその調のコード・ネーム(Key)になると言いました。
♯ソの半音上の音はラ。
根音がラのコードはAどすえ~。
だからAにはファとドとソに♯が付いてます。

次は♯ソから完全5度を作りと・・・・・この要領で♯系の調は読み取る事も出来るのです。

まあ、ぶっちゃけコードとその♯の位置を丸暗記しちゃえばいいのですが、どんな構造で♯が付いているのかという種明かしも知っておいてもいいんではないかと・・・・・。
♯系については、とりあえずここまで!

 

(2012年12月6日(木) 23:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

高校からヤマハに所属するギタリスト。ボサノヴァ好きにもおすすめ

ノラ・ギタースクール
山川義幸 (アコースティックギター)

東京・品川・五反田・目黒・恵比寿・上野・秋葉原・町田・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷...

ブログ記事 ページ先頭へ