サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 ノラ・ギタースクール スクールブログ コードから♯の...

コードから♯の位置を探すなら・・・

コードの7度の音の位置に必ず♯が付きます。
ただしCは♯も♭も付きません。
これは覚えておいてください。
♯系はまずGから始ります。
ではGメジャーセブンの7度の音は?と言うとG(ソ)から数えて7つ目の音・・・・・ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ!ハイ!ファです。
ところでこの7つのインターバルにはふたつ半音がありますね。
シとド。
ミとファです。
この7つの音のインターバルを短7度と言います。
これをファの音に♯を付け半音上げるとミと♯ファで全音になっちゃいます!
これを長7度と言います。(7つの音の間に半音がひとつしかない状態)
これが大事です。
そのコードのルート(根音。Cならド、ミ、ソで根音はド。)から長7度目の音に♯が付くのです。
例えばDなら根音はレですからレ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ドと7つ音を並べます。
するとこれもミとファそしてシとドが半音ですのでドに♯を付けてやります。
するとシと♯ドで全音になり先に述べた通り長7度になります。
ハイ!Dの場合ドに♯が付きます。
だけど♯系はGから始ると言いました。
と言う事でDのKeyにはファとドに♯が付きます。

さて・・・ここで♯の付くファ(Gの場合)とそれに更にドに♯が付くDの場合。
この♯ファから♯ドのインターバルに注目してみます。
♯ファとソの間は半音。
ソ、ラ、シの間はそれぞれ全音。
シとドで普通ならここの間も半音ですがドを♯させて半音上げてるので全音になっちゃいます。

ここでニヤリと笑った人にはもう、おわかりでしょうが完全5度のインターバルでしたー!!!!!
じゃあ♯ドからスタートする完全5度の音は?
まず音を並べてみましょう。
♯ド、レ、ミ、ファ、ソ。しかしこれでは♯ドとレの間とミとファの間が半音になり完全5度にはなりません。
そこでファに♯を付けます。
するとミと♯ファの間は全音になりますが今度は♯ファとソの間が半音になります。
完全5度とは5つの音のインターバルに半音がひとつしかない決まりです。
そこで続いてソにも♯を付けてみます。
♯ド、レ、ミ、♯ファ、♯ソで完全5度の出来上がりです。
以前のブログで書きましたが♯系の調の場合♯の付いてる一番右の音の半音上がその調のコード・ネーム(Key)になると言いました。
♯ソの半音上の音はラ。
根音がラのコードはAどすえ~。
だからAにはファとドとソに♯が付いてます。

次は♯ソから完全5度を作りと・・・・・この要領で♯系の調は読み取る事も出来るのです。

まあ、ぶっちゃけコードとその♯の位置を丸暗記しちゃえばいいのですが、どんな構造で♯が付いているのかという種明かしも知っておいてもいいんではないかと・・・・・。
♯系については、とりあえずここまで!

 

(2012年12月6日(木) 23:42)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ライブ活動をしてると対バン相手のファンが演奏中たまに喋ったり騒がしくして自分の演奏を聴いてないような場面に遭遇することもあります。 僕はこれをアウェイなライブと呼んでます。 Jリーグでも対戦相手国で試合をしたら、よくあることです。 ここで萎縮したり逆にむきになって大きな音で騒ぐ客を圧...

あなたがギターを抱えた時、弦を弾く右手はどんな形に見えてるでしょうか? 特に初心者の方は人差し指も親指も真っ直ぐ伸びてるように見えるような形をされてることがあります。 こうなると、なかなか上手く弦が弾けずいい音が出ません。 いくつかあるコツのひとつはギターを抱え上から弦を弾く右手を見た時...

ソロ・ギター練習をする時に僕個人が最も大切にしてるのは曲との対話です。 ギターがら出る音色や強弱に耳を傾け自分の心でギターに話しかけると、またギターも答えてくれます。 こういった弾き手とギターのコール&レスポンスはソロ・ギター演奏においてひじょうに大切な要素だと思っています。 バンドでは...

ギターは不思議な楽器で同じギターを弾いても弾く人によって音色が違うものです。 素晴らしいギタリストの手にかかると一万円のギターでも百万円のギターのような音を出すことがあります。 こんな話をよく聞きます。どんな超絶演奏で速弾きしようが最後はたったひとつの音の音色が多くの人を魅了する。と…。 ...

楽器店に行くとギターを試奏できます。 今日はその際のマナーというか掟(笑)を書いておきます。 まず1に必ず店員さんに断り許可を得てギターを持ちましょう。(これは常識ですが念のため) 次にギターをまわりのものにぶつけないように充分スペースを取り気をつけて弾きましょう。 次にギターのボディ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ