全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 OK ギタースクール スクールブログ チューニングメ...

チューニングメーターで練習!

演奏前にチューニングはとても大切です。
音叉を使う方もいらっしゃるでしょうが、
大半の方はチューニングメーターで合わせているかと思います。

今回はチューニングメーターを使った練習方法をご紹介します。

チューニングするときは、各開放弦でバッチリと合わせるのですが、
実際に演奏している時は、いろんなポジションを押さえています。
その時にチューニングが合っている事が実は重要です。

例えばFコードを弾くとします。
しっかり押さえているし、チューニングもバッチリ。
でもなんか響きがイマイチ。

そんな時はチューニングメーターを使って確認しましょう。
クロマチックチューナーですと、出している音がどの音なのか
C(ド),D(レ),E(ミ),F(ファ),G(ソ),A(ラ),B(シ),と表示してくれますので、
どの音が、フラット(低い)またはシャープ(高い)かが確認できます。


ちゃんと音が出ていても、弦を押さえる力が強すぎると音がシャープしてしまいます。
逆に弱く押さえると音がビビりちゃんとした音が出ません。
でも、音がフラットするとゆう事はありません。

ですので、左手は強く押さえ過ぎない事が重要です。
それをチューニングメーターで確認してみましょう。

また、チョーキングの場合もとても有効です。
1音または半音チョーキングをして、ちゃんと音程をキープ出来ているかを確認できます。

さらに、押さえているポジションがなんの音なのかも表示してくれます。

ぜひともチューニングメーターも接続したまま練習してみて下さい。

では楽しい音楽ライフを!

*注意
オクターブチューニングが合っていない場合は正確な音程が出ません。
オクターブチューニングについては今回は割愛させていただき、また次回紹介させていただきます。



 

(2012年5月16日(水) 17:47)

前の記事

この記事を書いたコーチ

LA留学で本場のアメリカンロックを体感。ラジオのパーソナリティの経験も

OK ギタースクール
岡部浩明 (アコースティックギター)

新橋・渋谷・新宿・池袋・南浦和・四ツ谷・飯田橋・大宮・戸田公園・川口・銀座

ブログ記事 ページ先頭へ