サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 アコースティックギタースクール・Roots スクールブログ 弦はいつ換える...

弦はいつ換えるの?? 【9/24】


生徒さんによく質問されることがあります。


「弾いてても弦は切れないから張り替えたことがない。」

という方、いませんか??

その生徒さんの弦を確認するとサビだらけ。。。

弦が死んでる状態でした。

確かに、切れずに弾ければ半永久に使えそうな気になりそうですが・・・




いけません!!




弦はスチール(鉄)でできています。

そのため、空気に触れているだけで酸化して錆びてきます。

それに弾いていると手垢や手汗が弦に付着するから錆びる速さは相当なものです。



錆びた弦でギターを弾くとなぜいけないのか?


1.チューニングが狂いやすくなる。


2.音がこもるようになる。


3.錆びた弦の表面はヤスリのようにギザギザです。
 このまま弾き続けると、フレットがヤスリでこすられてることになるのでフレットがすぐ削れて減ってしまいます


3については修理にお金もかかりますし。。。



弦をさわって錆びてきたと感じた時が換え時です♪

連休の間に交換してみてはいかがでしょうか^^??

------------------------------------------------
【講師HP】http://profile.ameba.jp/hal-roots/
【REVOLT official PC/mobile site】http://-revolt-.adlf.jp/

 

(2011年9月24日(土) 1:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

身振り手振りも交えた説明で女性・お子様からの厚い支持

ブログ記事 ページ先頭へ