全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター北海道 Takadon◆AGギタースクール スクールブログ ギターの鳴り(...

ギターの鳴り(´・ω・`)?⇒クセモノじゃ~

こんばんみ
Takadonギタースクールのさいつぅです
( ´ ・ω・`)

今回は、ギターの「良い鳴り」を
考えてみましょう。

ってか
「楽器ってのは鳴る物じゃねぇーのか!」
(`・ω・´)怒

はい
( ´ ・ω・`)
鳴るものです。

「このギター、鳴らないなー。音小さいもん」
「あいつのギター、さすがに高い値段だけあって鳴りが良いわぁ~。ちょっと弾いただけででかい音鳴るもん」


う~む、
一般的に
鳴る⇒生音がでかい

ですかね?
(・∀・`)


( ゜д゜)!

これ、表現の大きな落とし穴ですぜ
( ゜д゜)


よく言われる「鳴り」とは
簡単に言えば「響き方」です。

多くの書籍や雑誌などでの表現で
総合的な良い響きを
一言で「鳴り」といっているだけなのですが、
この「鳴り」がくせもの
( ´ ・ω・`)

クセモノじゃ
(`・ω・´)怒
ひっとらえろ
(`・ω・´)
このやろー
(`・ω・´)!


っということで、
具体的に、その「鳴り」を上げていってみましょう。

・ただ生音がデカいだけではない
・弦をはじくと、音程がすぐに立ち上がる
・弦がただ振動して「ブオォオ~~~~~ンッ」ってなるのではなく、振動がネックやボディーに伝わっている
・ギター全体がバランスよく振動して、音が響いている
・弾いている手に「弾いている」という実感が振動で伝わる

なんて感じがワタスの感ずぃる
良い鳴り・響きだべさ。
(=゜ω゜)


( ´ ・ω・`)
田舎のなまりが出た。



でも、これ、
やっぱり、
楽器屋さんで試し弾きを山ほどしたり
知人のギターを山ほど弾けば
こんなことわからなくても
自然と良いギターを選べるように
なっちゃいます
鳴らない(響きが良くない)ギターはすぐにわかりますよ
( ´ ・ω・`)

要は、判断要素に感覚的な部分が大きいですわね。
しかも、ギターのコンディションや調整で大きく変わったりしちゃいます。

ただ、
知ってて損はナシ
(・∀・`)

わたしゃ、数年前
楽器屋さんで60~80万の
レスポールというエレキギターの
試し弾きをしました。
まぁ、
ギターのコンディションが
あまり良くなかったですが

なにより、それ以前に、


全 ・ 然


鳴らない ん
( ゜д゜)

ボディーもネックもへったくれも


ナシ  ん
( ゜д゜)
アンプにつなげても


特・徴

ナシ  ん!
( ゜д゜)

個人的には

「楽器じゃない」
( ゜д゜)!!


これが、60万
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

もう一つの方が80万円!!
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

しかもおススメ品
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


もう、
そりゃもう
その日一日中、鼻血が止まりませんでしたわよ
( ´ ・ω・`)


なんで
( ´ ・ω・`)??


まぁ、
ギターもブランド品になると
付加価値がつく
骨董品みたいな物です。
「鳴り」ではなく
「価値」として売られているものもあるので
楽器として購入して、演奏を重視する場合は
「鳴り」に注意を払うのもありではないでしょうか。

ということで、
今回はここらへんで消えます。
(=゜ω゜)

でわ、おやすみなさい
( ゜д゜)!

 

(2011年8月21日(日) 1:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ESPギター科のトップクラスに在籍も!バンド活動やCD制作も指揮する先生

ブログ記事 ページ先頭へ