趣味の習い事演劇スクール演技東京 やりたいことからスタートする演技学校 レッスンノート

やりたいことからスタートする演技学校レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

演技の奥深さから始まり、最後は楽しく!
「演技とは何か?」 という話題が出たので、まずは日常的な言葉を使って練習。例えばお風呂に入って『気持ちいいなー』と言うシーン。実際にお風呂に入っている訳ではないが、第三者にお風呂に入って気持ち...
聴いて演技することの大切さ
今回の生徒さんは経験者だったため、 生徒さん持ち込みの台本を使って稽古をしました。 「話すスピード」「滑舌」「動き方」など様々な悩みや疑問に答えながら稽古を進め、最終的に最も大きく変化し...
復習から専門的なアドバイスへ
『生徒さんの希望や能力にあわせて臨機応変に進行しています。』 まずは基礎固めのため、前回実施した「発声滑舌」「感情開放」をやりました。スムーズにできたため、新しい台本にも積極的に挑戦しまし...
発声は遠くに飛ばすことを意識して
まず当日は発声練習からスタート。「遠くに大きく発声すること」を強調しました。 舞台に限らず、映像や司会業でも会場の広さや演出家によって、大きな演技が必要な場面が多数あるので、日頃から振り幅を大...
同じ台詞を複数のパターンで言う。
『あーー気持ちいいなー最高だね!』 この台詞を ①広いお風呂に入って ②座り心地の良い椅子に座って ③山の頂上に着いて それぞれのシチュエーションを想像して言ってもらいました。...
経験者には専門的なニーズに応えます。
安定した発声・滑舌、そして演技のスタイルを持っていたので、スタジオに入ってすぐに台本稽古を実施しました。役作りや台詞回し、お客への意識などのアドバイスをしました。 また「集中力と想像力」の...
雰囲気芝居から人間らしい芝居へ
まず初めに、発声・滑舌を念入りにやりました。 特に苦手な行については回数を多くして、沢山声を出してもらいました。 続いて前回扱った台本をやりました。意識とポテンシャルが高い生徒さんだったので...
台本読みに慣れる
『普段使わない言葉や言い回しだらけなので、とにかく反復して台本の台詞に慣れてもらいました』 複数の台本の中からシリアスな内容の台本を扱い、 演じることの楽しさ・声を出すことの気持ち良さを実感...
業界の先輩としてアドバイス
今回は事務所に所属したばかりの生徒さんで、 実技もやりましたが、演技の悩み、オーディションの悩み、業界の悩みなど、 業界の先輩として思うことをアドバイスしました。 限られた時間の中で実...
滑舌強化とひとり演技に挑戦
まず発声滑舌をよりレベルアップするため、新しいプリントを用いて、滑舌のトレーニングを積みました。 きちんと復習をする生徒さんなので、初見でもほとんどの文章を言えました。全体的に自信をもって言っ...

やりたいことからスタートする演技学校のレッスンノート ・・・計19件

やりたいことからスタートする演技学校 ページ先頭へ