趣味の習い事演劇スクール演技レッスンノート 役の捉え方について

役の捉え方について

演技学校のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

役者経験のある生徒さんだったので役者としての台詞の受け入れについて、いくつかの例題を使ってアドバイスしました。
役と自分との距離をできるだけ近づけて行き、やがてはひとつにしていくための方法や、台詞の手前にある想いとの関係についてお話ししました。実感のない台詞には力が無いということを理解していただけた所で実際台本の中から会話をピックアップして動きながらやってみました。シリアスな台詞とコメディーとを体験していただきました。盛り上がった所で時間になってしまいました。役者という存在が世の中にどんな役割を果たせるかについて熱く語ってせりふの時間を終了致しました。
このレッスンノートを書いたコーチ

元劇団四季、指導歴は30年!温厚な先生が隠れた才能を引き出すお手伝い

レッスンノート ページ先頭へ