趣味の習い事演劇スクール演技レッスンノート 相手のせりふをよく聴く

相手のせりふをよく聴く

演技学校のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まず、今日課題とした台本のストーリーを簡単に説明しました。課題に興味を持っていただけたようなのでその芝居の1シーンをやってみました。せりふを喋るときに大切なことは、相手のせりふをよく聴くということです。相手のせりふによって自分の気持ちがどんな風に動くかを知ることから会話は始まります。受講生の過去の体験やイメージをできるだけ使っていくと心の交流ができて、せりふが自分の言葉になっていきます。この流れが少しでも伝えられたと思います。なぜかというと、私にも受講生の想いが伝わってきたからです。お互いの好きなこと、やりたいことが一致したレッスンでした。もっともっと先のせりふを聴きたくなりました。
このレッスンノートを書いたコーチ

元劇団四季、指導歴は30年!温厚な先生が隠れた才能を引き出すお手伝い

レッスンノート ページ先頭へ