サイタ趣味の習い事演劇スクール演技東京 岡田純子舞台・声優レッスン スクールブログ 技術でなんとか...

技術でなんとかしようと思わないでください。お芝居は心です。

セリフの授業をしていても、
ナレーションの授業をしていても、
良く感じる事が、
みんな演技プランを技術的な面で判断する事です。

どういうことかというと、

例えば、
間です。

ここで、2秒間を取って、とか、
ここに間を開けて…とか
間が全部同じになっているので、長さを変えてとか…

何故、そこに間が発生するのか、
なぜその間なのか、何秒かかるのはなぜかとか。
その内側の心を考えていない。

他には音程です。

子供だから声を高く、
大人だから声を低く、
可愛い子だから高音で、
渋い、格好いい役だから低音で…

自分に合わない音程を使おうとする人も。
キャラクターってそんなに単純なものでしょうか?

感情でもそうです。
ここは元気だから高く。
ここは興奮しているから更に高く。
悲しんでいるから低く。
怒っているから低く…とか

キャラクターによって、表現方法も変わると思いませんか?

なぜそんなに単純に、技術でお芝居をしようとするのでしょうか?

結果、そうなってしまうは良いんです。

この人はこういう状況なのでこうします。
というのは上っ面ですよ。

枠組を作り上げるのは確かに大切です。
でも、なぜそうなるのか、その内側を考えないのはなぜなのか?

それはお芝居ではありません。
お芝居のフリです。
それでうまくなろうと?
無理ですよ。
だって、心がないんですから。

技術は確かに必要です。
でもその使い方はちゃんと考えてください。
ちゃんとお芝居をしてください。
形ばかり追わないで!

何故そうなのか、どうしてそうなるのか。
もっと問い詰めていきましょう。
そして感じていきましょう。
理屈だけではお芝居は出来ません。

大切なのは、



です。

 

(2018年10月29日(月) 23:46)

前の記事

新着記事

セリフの授業をしていても、 ナレーションの授業をしていても、 良く感じる事が、 みんな演技プランを技術的な面で判断する事です。 どういうことかというと、 例えば、 間です。 ここで、2秒間を取って、とか、 ここに間を開けて…とか 間が全部同じになっているので、長さ...

お芝居がうまくなる為に何をしたらいいですか? とか、どんな作品を見ればいいですか? とか…よくある質問です。 なんでもいいです。 何をやっても身になります。 広く浅くでも、何か一つをがっつりでも、 必ず身になります。 個人的には何か一つでも構わないからしっかりがっつり ...

日常会話には日本語の間違いがいっぱい! 言葉は常に変化します。 しかし、現在の決まり事は知っておきたいし、 できるだけ正しい日本語を使っていきたくありませんか? 私はそう思ってしまうんですよね。 気にしていくと、本当にいろいろと気になってきちゃうんですよ。 もんもんする...

夏です! お盆で帰省する方、 遊びに行く方、 楽しい事もり沢山ですね。 楽しいイベントの時こそ、 感情開放のチャンスです。 感情にはいろんなモノがあります。 その中でも喜ぶ、楽しむ、テンションUPなどなど、 プラスな感情を爆発させるのが 苦手な人が増えています。 ...

感情が表に出ないんです。 という方が多いみたいですね。 原因はいろいろあると思いますし、一つとは限りません。 理由1 日常からあまり感情を表に出さない、出せないから。 自分が出来ない事をやるのは困難です。 まずは自分ができるようになるのが得策だと思いますよ。 感情が無...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ