サイタ趣味の習い事演劇スクール演技東京 楽に演じる演技教室 スクールブログ 蛍光ペン

蛍光ペン

こんにちは。演技コーチの吹上です。

先月、舞台に出演していたのですが若い役者さんの台本を見てみると自分のセリフに蛍光ペンが…。

あぁ〜。

若い役者さんにありがちですが僕は自分のセリフに蛍光ペンを引くのは良くないと考えてます。

なぜなら蛍光ペンを引いてしまうと自分のセリフにしか目に入らなくなってしまい相手のセリフを聞けなくなってしまいます。

演じる上で大切なことの1つに『相手のセリフを聞く』というのがあります。

簡単に言うと相手のセリフを聞けば自分のセリフは出てきます。
ちゃんと練られている脚本であればそうなっているものです。

余談ですが蛍光ペン役者(勝手に命名)は極端にアドリブに弱かったりします。
自分のセリフの順番待ちをしているので急に違うことが起こると何も出来なくなってしまうようです。

役者はセリフを言う機械ではなくセリフを表現してこそ役者です!!

あなたは台本に蛍光ペン引いてませんか?

 

(2018年9月16日(日) 15:47)

前の記事

この記事を書いたコーチ

キャリア10年以上の舞台俳優が、個々に合わせた指導法で演技の世界へ誘う

新着記事

こんにちは。演技コーチの吹上です。 先月、舞台に出演していたのですが若い役者さんの台本を見てみると自分のセリフに蛍光ペンが…。 あぁ〜。 若い役者さんにありがちですが僕は自分のセリフに蛍光ペンを引くのは良くないと考えてます。 なぜなら蛍光ペンを引いてしまうと自分のセリフ...

こんにちは! 演技という能力は歌やダンスと違い、才能の有無に関わらず誰でも必ず上手くなります。 演技というのは歌やダンスと違い評価基準が曖昧です。 皆さんが上手いと思う役者さんは何を持って上手いと判断してますか? ……。 そうなんです! なんとなくなんです!...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ