サイタ趣味の習い事演劇スクール演技大阪 すみそ演技教室 スクールブログ 演技を学んでよ...

演技を学んでよかったこと。

これから演技を始めようとしている方へ。
演技をやってみたいけど、迷っている方へ。
プロになる気は無いけど演技をやってみたい方へ。


21歳で演技を始めた私が、やっててよかったなあと思ったことを書いていこうと思います。



①自分の思っていることを伝えられるようになった

それまで私は自分の考えを伝えるのが苦手で、
いつも人からどう見られるのか気にしたり、その場が丸く収まるなら何も言わなくていいや と言いたいことを押し殺してしまう癖がありました。
が、レッスンを通して相手の考えを受け入れ、その上で自分のこともハッキリ伝えられるようになりました。意外と周りの人もすんなり受け入れてくれるものなんですね。



②イライラすることがとても少なくなった

「なんでこの人っていつもこんなこと言うの?」
「この態度ってちょっと失礼なんじゃない?」
昔は、自分には理解できない言動や行動にイライラすることがよくありました。
役作りでは、「この生き方をしてきたのならこんな言動もしちゃうよね、わかるわかる」
「あー、これは浮かれちゃってるな。だって楽しいもんね!」等々、役の正当化をしていきます。
この訓練を重ねていって、昔のような「ちょっとこの人意味わかんないんだけど!」というイライラは無くなりました。
私が短気すぎたのかもしれませんけどね。笑



③立ち居振る舞いが美しくなる

見られていることを意識する機会が増えました。
舞台の上、カメラの向こうでは、自分はどう映るのか。
メイクやファッションにばかり気を遣っていても、姿勢や手足の使い方がカッコ悪ければ全て台無しですよね。演技を始めてから、ショッピングモールの鏡を見て「これが自分か…」と残念に思う日々ともおさらばです。



④楽しみが増える

日常から一歩離れて別の人物を演じるのが楽しい。
相手とコミュニケーションを取れるのが楽しい。
みんなで1つの作品を作れるのが楽しい。
学業とバイトばかりではなく、楽しみの時間が増える。
毎日がワクワクする。




その他にもやってて良かったことはたくさんあります。プロの俳優になる人ばかりではなく興味があるならぜひ演技のレッスンを受けてほしいです!


お待ちしてます♪

 

(2018年9月2日(日) 11:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

製作スタッフから役者へ転身した講師!養成所では教われないことも学べる

新着記事

気温も落ち着き、すっかり秋らしくなりましたね。 いきなりですが、先日久しぶりに1日予定が空きまして、悪天候だったので家でDVDを見ることにしました。 手に取ったのは、 ミュージカル「テ◯スの◯子様」 実は昔から好きなんです…笑 2.5次元の舞台、人気で...

これから演技を始めようとしている方へ。 演技をやってみたいけど、迷っている方へ。 プロになる気は無いけど演技をやってみたい方へ。 21歳で演技を始めた私が、やっててよかったなあと思ったことを書いていこうと思います。 ①自分の思っていることを伝えられるようになった ...

「役作りには人間観察が必要」 って、よく言われますよね。 電車に乗ったら目の前の人の仕草や表情を観察しなさい、とか 〇〇な性格の人の話し方の特徴を掴みなさい、とか。 実はそれだけをやって役をつくってしまうと、上っ面だけの演技になってしまう可能性があります。 まずは、自...

演技って、上手い、下手の判断が難しいですよね。 自分がうまいなー、と思ってる俳優が、 他の人からは批判されていたりしますよね。 スポーツだったら、 ボールがゴールに入れば1点とか 相手が取れない球をコート内に決めたら1点とか 明確な判断基準があって、その技術を身につける為に...

タイトル、いきなり過激な発言ですみません(笑) このセリフ、ヤンキーに絡まれる優等生くんのシーンなんかでよく使われていますよね。 いじめられてヘラヘラ笑っちゃって、余計にヤンキーを怒らせてしまうんですよね。 この優等生くん、なんでこの状況で笑っちゃってるのでしょう?? ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ