サイタ趣味の習い事演劇スクール演技東京 岡田純子舞台・声優レッスン スクールブログ 日本語を好きに...

日本語を好きになろう!

日常会話には日本語の間違いがいっぱい!

言葉は常に変化します。
しかし、現在の決まり事は知っておきたいし、
できるだけ正しい日本語を使っていきたくありませんか?

私はそう思ってしまうんですよね。

気にしていくと、本当にいろいろと気になってきちゃうんですよ。
もんもんするとストレスになるので、
考えを変えちゃいます!

間違い探しゲーム(^-^)/

日常で間違って使われている言葉を
見つけるのもちょっとしたゲーム感覚です。
そんな感覚で学んでいけば、楽しくありませんか?

新しい事を知るだけでも楽しい!

今日1日で
何個間違いを見つけられるか…
何回間違いを見つけられるか!とか…
楽しみ方もいろいろですよ。

簡単に見つけられるのは…

「こちらの方でよろしかったですか?」(初めて聞くのに…)
「~になります」(変化しない場合です)
「~からいただきます」(会計時に良く聞きます)
敬称にさん付け
(目上の方に)頑張ってください

ね?よく聞きますよね?
上3つはコンビニや、お店で良く聞きます。

正しくは…

「こちらでよろしいですか?」
「~です」
「~~いただきます」
敬称にさんなどつけません。
頑張ってくださいは目上の方には使わない方がいいです。

お話しの流れもあるので、気を付けてくださいね!

ちなみに、下2つは、間違いと気が付かない人が多く、
あえて使用する事があります。
敬称にさん付けはつけないと失礼みたいな空気を出す方もいらっしゃいます。

頑張ってくださいの場合、変わる言葉が難しいです。
「応援しています」とか使いやすいですね。
でもやっぱり頑張ってくださいって言いやすいですね。

なんでもいいんですよ。
学ぶ切っ掛けがあればいいんです。
それで日本語が好きになればいいんです。

 

(2018年8月29日(水) 22:58)

前の記事

新着記事

日常会話には日本語の間違いがいっぱい! 言葉は常に変化します。 しかし、現在の決まり事は知っておきたいし、 できるだけ正しい日本語を使っていきたくありませんか? 私はそう思ってしまうんですよね。 気にしていくと、本当にいろいろと気になってきちゃうんですよ。 もんもんする...

夏です! お盆で帰省する方、 遊びに行く方、 楽しい事もり沢山ですね。 楽しいイベントの時こそ、 感情開放のチャンスです。 感情にはいろんなモノがあります。 その中でも喜ぶ、楽しむ、テンションUPなどなど、 プラスな感情を爆発させるのが 苦手な人が増えています。 ...

感情が表に出ないんです。 という方が多いみたいですね。 原因はいろいろあると思いますし、一つとは限りません。 理由1 日常からあまり感情を表に出さない、出せないから。 自分が出来ない事をやるのは困難です。 まずは自分ができるようになるのが得策だと思いますよ。 感情が無...

声優は声の俳優です。 昔は映像や舞台の役者がお仕事の一環として 声優の仕事をしていましたが、 今でも声専門の俳優として認知されています。 そのせいでしょうか? 声優希望の方の中には 声優だから舞台はやりたくない。 体は動かしたくない。 体を鍛えるのは理解できない。 ...

劇団を辞めて、芝居を辞めて… 半年。 辞めて気が付く。 やっぱりお芝居がしたい! しかし、もう劇団には戻れない。 行きたい劇団もない。 劇団時声優として仕事を貰っていて、 声優への興味が高まったけど、 つてもコネもない。 お金もなかったので、養成所や専門学校にも行けない。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ