サイタ趣味の習い事演劇スクール演技東京 岡田純子舞台・声優レッスン スクールブログ 声優だって俳優...

声優だって俳優です。めっちゃ身体を使います!

声優は声の俳優です。

昔は映像や舞台の役者がお仕事の一環として
声優の仕事をしていましたが、
今でも声専門の俳優として認知されています。

そのせいでしょうか?
声優希望の方の中には

声優だから舞台はやりたくない。
体は動かしたくない。
体を鍛えるのは理解できない。
ダンスはしない。
歌は歌わない。

と、いう方がいます。

今はアイドル化して歌やダンスは当たり前!みたいな
風潮もありますが、
そういう事ではなく、体作りとして、
歌やダンスもお勧めします。

私たちは日常生活、
棒立ちでなんか過ごしていません。
いろんな姿勢で独り言から大勢へまで…
様々なシチュエーションで声を出しています。

声優はそれを…自分でない誰かのそれを
立った状態でマイクに声を乗せないといけません。

と言う事は、
体をほとんど動かさずに体を動かした時と同じような使い方をし、
声を発しないといけないのです。

それには、自分の体を自在に操り、
再現しなくてはいけません。

つまり、自分の体を自分で理解し、コントロールするんです。

体が動かない人にはかなり難しい技です。
だから体が動かせる人の方が有利だと思います。

しかも、同じようなキャラばかりとは限りません。
舞台や映像以上に自分の見た目や性格とは違う
はたまた妖精や魔物、物質にまで変化する方も居ます。

そんなハチャメチャな仕事なんですよ。

自分に近い役だって、他人を演じるのは大変な事です。
もちろん、舞台や映像の方だって、
自分にかけ離れた役や動物を演じる事もあるでしょう。

しかし、声優はちょっと違う技術だったりもします。

だから声優だって体を鍛えた方がいいんですよ。
なんでもいいんです。
ただ姿勢を正すというのもありです。
でももっと動けるように
ダンスや歌、殺陣、筋トレ、ストレッチ、日舞や武道、スポーツなどなど。。。
なんでもやって損はありません。
全部やれとは言いません。やれなきゃダメともいいません。
何かやれたら更にレベルUPしますよ。

演技の教室ですけど、
サイタにはそれ以外の教室もたくさんありますし、
グループより、個人の要が上達も早い!
チャンスは目の前ですね!

 

(2018年8月4日(土) 23:13)

前の記事

次の記事

新着記事

お芝居には終わりがありません。 ここまでやったら満足という事ってなかなかないですよね。 だからこそ、芝居を始めると、なかなか抜け出せない沼にはまります。 この沼は時には厳しく、でも… とても爽快感です。 とても気持ちがいいです。 とても楽しいモノです。 経験を積めば、...

セリフの授業をしていても、 ナレーションの授業をしていても、 良く感じる事が、 みんな演技プランを技術的な面で判断する事です。 どういうことかというと、 例えば、 間です。 ここで、2秒間を取って、とか、 ここに間を開けて…とか 間が全部同じになっているので、長さ...

お芝居がうまくなる為に何をしたらいいですか? とか、どんな作品を見ればいいですか? とか…よくある質問です。 なんでもいいです。 何をやっても身になります。 広く浅くでも、何か一つをがっつりでも、 必ず身になります。 個人的には何か一つでも構わないからしっかりがっつり ...

日常会話には日本語の間違いがいっぱい! 言葉は常に変化します。 しかし、現在の決まり事は知っておきたいし、 できるだけ正しい日本語を使っていきたくありませんか? 私はそう思ってしまうんですよね。 気にしていくと、本当にいろいろと気になってきちゃうんですよ。 もんもんする...

夏です! お盆で帰省する方、 遊びに行く方、 楽しい事もり沢山ですね。 楽しいイベントの時こそ、 感情開放のチャンスです。 感情にはいろんなモノがあります。 その中でも喜ぶ、楽しむ、テンションUPなどなど、 プラスな感情を爆発させるのが 苦手な人が増えています。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ