サイタ趣味の習い事演劇スクール演技東京 楽しく学べる演技初級講座 スクールブログ 声を出すってど...

声を出すってどんな事?

初めまして、新人講師の中田です。
自己紹介もかねて本日は「声」についてお話させて下さい。

当たり前の話ですが、僕らは「声」を出して会話をします。
だから、みんな喋れるわけなんですけど、
この「声」がどこに飛んで行っているのか気にした事ってありますか?

ボールを前に投げれば、前に飛んで行く。
それと同じように声も、言った方向に飛んで行くんです。
でも、ボールと違って声は見えません。
「今日は緊張するなぁ」
とか
「あ、この人苦手だなぁ」
とか
「この子の前だと照れるなぁ」
と思っていると、実は声ってまっすぐ前には飛んで行かずにあらぬ方向に飛んで行ってしまうものなのです。(驚く位真後ろに声が飛んで行く事もあります)

でも、声が見えないから、みんな声が見当違いなの所に飛んで行っているって言う事に気が付かない。
声がちゃんと届かなくて、あなたの「キチンとした想い」に気付かない人もいるかも知れません。

・誰かに気持ちを伝えたい時
・ここ一番の面接の時
・もっとコミュニケーションをとって行きたい時

自分の声の方向を知り正しく飛ばしてあげる事は、
演劇だけでなく実生活においてもとても有意義な事なんです。

そのための呼吸法・発声方法・声の飛ばし方を、僕の講座では教えています。
もし興味を持たれましたら是非、レッスンに足をお運びください。
では、

声を出すってどんな事?

(2018年4月6日(金) 10:17)

次の記事

この記事を書いたコーチ

舞台やCMなど出演多数、講師経験も。自然な発声と演じる楽しさを伝授!

楽しく学べる演技初級講座
中田真弘 (演技)

代々木・新宿・秋葉原・両国・錦糸町・本八幡・新宿御苑前・船堀・瑞江

ブログ記事 ページ先頭へ