サイタ趣味の習い事演劇スクール演技東京 おかみ演技力養成教室 スクールブログ 人見知りを克服...

人見知りを克服したいですか?

こんにちは! 岡見文克です!

今までちょっとカタめな話が続きましたので、今回は少しヤワラかく書いてみましょうか。
と言っても……

いえーい、エビバデ愛しあってるかーい?

とかそういうヤワラかさではなく。
「演技」にも関わってくるけど、もっと根本的なコミュニケーションのお話です。

タイトルが気になって読まれているそこのあなた。ご自分が「人見知り」なことでお悩みですか? あるいはお知り合いに「人見知り」な方がいらっしゃいますか?

手元にある辞書(大辞林)で「人見知り」という言葉を引くと……

「子供などが見慣れない人に対して不安を感じたり、恥ずかしがったりすること」

とあります。お父さんやお母さんなどには意識せず会話ができるのに、知らないおじさんやおばさんが相手だともじもじしちゃって、親兄弟の背後に隠れてしまうお子さんがいらっしゃいますが、そういう子供をさして「人見知りする子」と言うのが、もともとの使い方です。

これが拡大解釈されるようになって、成人になって「人前で話すのが苦手」「人から注目されるのが苦手」「初対面の相手と何を話していいのかわからない」などの意味合いで使われる場面が増えてきました。

一昔前までは「照れ屋」「恥ずかしがり屋」「アガリ症」などと呼ばれていたりしましたが、「照れ屋」と自称すること自体が恥ずかしかったり、「アガリ症」とか言うと最近では「対人恐怖症」などの社会不安障害と同列に扱われて大げさにとられても困ることから、「人見知り」という言葉を代用するようになったのかと思われます。実際は「人前で恥をかきたくない人」「人付き合いが苦手と思ってる人」ということなんでしょうが、短く「人見知り」とまとめたほうが使い勝手もよいのでしょう。

ミもフタもない話をしますが、そういう意味合いでの「人見知り」であれば、特に無理して治す必要もないですし、現代の日本において生活に困ることもないかと思います。でも、そんなのイヤだ! 克服したい! というのであれば、「演技」を覚えることが役に立つかもしれません。

役者(俳優)仲間でも「オレ、人見知りだったんです」という人はたくさんいます。結構なベテランの方でも、人との会話が苦手という方もいらっしゃいます。そういう人たちが、なぜ「演技」の道を歩むことになったのか、人前で「演技」をしようと思ったのかは謎ですが、演技力を身に着けることが人見知りを克服する足掛かりになっていることは確かだと思います。

演技力を養成する以前に、人見知りを克服するきっかけを作りたい方も、体験レッスンを受けてみませんか?


それでは、良い一日を!

 

(2016年7月3日(日) 3:29)

前の記事

この記事を書いたコーチ

セミナー講師の面も持つ舞台役者!日常や仕事でも生かせる演技のいろはとは

新着記事

こんにちは! 岡見文克です! 今までちょっとカタめな話が続きましたので、今回は少しヤワラかく書いてみましょうか。 と言っても…… いえーい、エビバデ愛しあってるかーい? とかそういうヤワラかさではなく。 「演技」にも関わってくるけど、もっと根本的なコミュニケーションのお話...

こんにちは! 岡見文克です! 急遽、7月末からの舞台公演に出演することになり、バタバタしていて更新が滞ってしまいました。 稽古も始まるとスケジュール調整も難しくなってきますが、午前中に開いている場所であればレッスンもできますし、日によってはレッスンを優先することもできますので、遠慮なく...

こんにちは! 岡見文克です! もうすぐ選挙ですね。今まで何をやってきたのか知らない人たちのポスターが街のあちこちに貼られたりして、投票する側としても数少ない情報の中から誰に投票したものか悩まれている方のほうが多いかと思いますが、投票してもらう議員候補の方々も「どうしたら投票してもらえるだ...

こんにちは! 岡見文克です! やっとブログも反映されるようになったみたいですね。 これからモリモリ書いていこうかと思います。 さて、前回まではどんな体験レッスンをするのかを書いてきましたが、そもそも演技をするというのはどれくらい難しいことなのか。 ということを文字だけで説明...

こんにちは! 岡見文克です! ブログエントリの最後に「良い一日を!」とか書いておきながら、今日だけで3回目の更新です。それでもトップページのスクールブログに反映されていないところを見ると、ひょっとして事務局の方が中身をチェックしたうえで、タイミングを見計らって更新するのでしょうか。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ