全国5万人が受講している「サイタ」

演技学校・レッスン

演技学校・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事演劇スクール演技東京 おかみ演技力養成教室 スクールブログ 演技するという...

演技するということ

こんにちは! 岡見文克です!

やっとブログも反映されるようになったみたいですね。
これからモリモリ書いていこうかと思います。

さて、前回まではどんな体験レッスンをするのかを書いてきましたが、そもそも演技をするというのはどれくらい難しいことなのか。

ということを文字だけで説明するところからすでに難しいんですけど。

役者(俳優)をある程度やってこられた方ならお気づきかと思いますが、人間誰しも普段から大なり小なり演技をしているものです。ご自分では「自分とは違う人」を演じた意識はないかと思いますが、たとえば……

*友達と話しているとき
*先輩・後輩と話しているとき
*家族と話しているとき
*目上の人と話しているとき
*初対面の人と話しているとき
*取引先と話しているとき
*仕事仲間と話しているとき
*好きな人と話しているとき

などなど、状況によってキャラが違いませんか?
ある意味「演技をしている」と言えるかと思います。

ただ、ほとんど無意識のうちにキャラを変えているか、意識をしていても「ちゃんとしよう」とか「アガらないようにしよう」とか「顔に出ないようにしよう」くらいのものかと思います。どちらかと言えば「受け身」な演技です。

これがスクールに通うと、意識的に積極的に「演技をする」ことができるようになります。
この基本さえ身につければ、役者であれば役柄の解釈や物語の解釈を突き詰めていけば、いい役者になることも難しくないですし、役者にならずとも日常のコミュニケーションにおいて大いに応用が効きます。

あまり「演技をする」ことを意識しすぎると、かえってウソくさく見えてしまうこともありますが、スクールではそこらへんのバランスもお話しつつ、コミュニケーション力を高めていくお手伝いをしていければと思っていますので、まずは体験してみてください。

それでは良い一日を!

 

(2016年6月22日(水) 2:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

セミナー講師の面も持つ舞台役者!日常や仕事でも生かせる演技のいろはとは

おかみ演技力養成教室
岡見文克 (演技)

恵比寿・渋谷・原宿・中目黒

ブログ記事 ページ先頭へ