全国5万人が受講している「サイタ」

演技学校・レッスン

演技学校・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事演劇スクール演技東京 浩二の俳優教室 スクールブログ 知っておこう、...

知っておこう、映画のこと️

皆さんこんばんは。

今後このブログでは、これからお芝居を始めたい方必見️の、特に映画で、知っておくと役立つことを小出しに紹介していきたいと思います。

映画には、演出部、制作部、撮影部、照明部、録音部、衣装部、美術部、メイク部、俳優部、編集部など様々な部が存在します。

な、映画は皆でつくる芸術だろ️とアフレコ中に、あるアカデミー賞作品監督に言われたことがありましたが、一つの映画作品が世に出るには多くの専門職の人間が携わっています。
確かに指揮者は監督ですが、プロデューサー、監督がえらいとか言ってることのナンセンスさがこれでわかりますよね…。笑

*アフレコとは、雑音など現場の録音環境などの問題で使えないと判断した場合、あとからその映像に声をあてる作業のことを言います。

ご存知の方も多いと思いますが…
作品をつくる時、監督の名前を取り〜組と呼びます。僕が監督なら三溝組ですね。
任侠世界さながらの呼び方ですが、ファミリーに近いニュアンスだと思っていいと思います。

ここで一つ。
ある俳優が某組の撮影のため、集合場所のロケバスに乗り込み、早速出された朝食とお茶をたいらげたところ、実は別の組のロケバスだったという俳優がいました…。笑。

彼は参加する組の朝食もたいらげたのかが、気になりますよね。笑。

また、映画についてブログします〜。

 

(2016年6月6日(月) 2:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの北野武作品にも出演!芸歴18年の俳優が、自然な演技のコツを徹底伝授

浩二の俳優教室
三溝浩二 (演技)

新宿・高田馬場・目白・池袋・大塚

ブログ記事 ページ先頭へ