サイタ趣味の習い事演劇スクール演技大阪 わたべ演劇堂 スクールブログ お待たせしまし...

お待たせしました!  

2週間ほど入院していました。
が、先日退院して、リハビリを続けて完全復活を目指します!

さて、演技が上手くいかないのは、自分の体が思うように動かないときのもどかしさに似ていますね。





体を動かすときは、脳・神経・筋肉が連動します。
では、演技ではどうか?

感情・台詞・動作がそれにあたるような気がします。
これらが綺麗に連動すると表現が豊かになり、見ている側にも伝わる。
どれかにズレがあると上手く伝わらない、むしろ間違って伝わることも・・・・。


まずは素直な、シンプルな表現から始めるのがベストです。
複雑な表現はその後で!

焦って難しいことや、ハイレベルなことに手を出すと間違ったものや、中途半端なものが身についてしまいます。



お待たせしました! じっくり力を付けていきましょう!

 

(2016年5月9日(月) 15:13)

前の記事

次の記事

新着記事

お芝居を志す人の多くがぶち当たる大きな壁、『台詞の暗記』。 覚えられる人、得意な人は問題なくクリアしますが、苦手な人には大きな心配の種でしょう。「台詞を覚えるのが嫌だから声優になった」という人も知っています。 さて、その方法は色々あると思いますが、自分に合ってないと効果は薄いし非効...

体験レッスンから入会、本レッスン、そして継続している方は多くはありませんが、その中からプロとしての手応えを掴めるところにきた人が出たことは嬉しい限りです。 その方は所属事務所が決まり(スカウトと言っても良いかも知れません)さらに、初めて受けたオーディションも合格、映画出演が決まったそうで...

役者にとって必要な要素の一つとして、≪経験≫というものがあります。 演じる際のヒントとしてこの経験が豊かであれば、これを活かすことが可能です。また、細かな部分の表現に役立ちます。 とすると、人生経験の浅い若者は不利なのか? とも言い切れないのですよ。 こ...

とあるレッスンで歌うたいの生徒さんの発声法が、舞台演技に於ける発声とは違うのだなぁ、と改めて思い知りました。 歌(オペラ)では頭部から声を貫き、会場に反響させるような感覚で声を出すのが言いようです。しかし舞台においてはどちらかといえば、腹で支えてバズーカ砲のようにドカン!と声を出すの...

この半月で5~6人の体験レッスン、及び通常レッスンがありました。 それぞれに目的・目標があり、レッスンの内容も様々でした。 舞台で本番を迎える方には実践的なアドバイスが中心になりました。 ただ、演技は初めてだったので台本の読み方や、演技へのアプローチの方法などで迷いがあったようですが...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、演技レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ